LINEで集客?ツールや売上アップ効果を狙う!LINE@登録まで!

最近のコミュニケーションツールとしては最も存在感が大きいのがLINEですよね。

この勢いを使って集客に活かせないかと考えている人も増えていることでしょう。

現在考えられているLINEの集客方法をお伝えしていきます。

 

LINEで集客可能か?

確実に成果が上がると噂のLINEを用いた集客方法。考えて見れば、LINEは現在日本で一番利用者数の多いSNSです。多くの方が集客ツールとして利用するのは時代の流れとして当然と言えますね。

その特徴としては、「気軽」「スタンプなどで感情表現がしやすい」「手軽」「既読がつくかどうかで反応がわかりやすい」などが合が得られると思います。

これらの個性はPCでメール交換するなどとはちがうフィーリングをもたらします。

ビジネスの現場と、日常的なコミュニケーションでは、言葉づかいが異なりますよね。

メールでは冒頭に少し堅苦しい挨拶を入れたりします。一方、LINEでは、もう少し直接的に話題から初めても、そんなに無礼な印象を与えないでしょう。これはLINEの画面レイアウトで、吹き出しが連なるデザインとなるため、あまり長々とした文章が適さない感覚を使用者が持っているためでしょう。

 

LINEは、相手との距離感を近く感じさせます。もともと、そういったコミュニケーションツールであり、使用者増加にともなってビジネスシーンで使われるようになったことを思えば当然ですね。

しかし、メルマガなどの代表的な集客やコンテンツ発信をしてきた人は、LINEのビジネス使用がどういったものかイメージをつかみにくいのではないでしょうか。

LINE社が提供しているツール、「LINE@」を使えば、それはぐっと容易になります。

 

LINE@で集客できる

SNSは良く知られているものだけでも、いくつかの種類があります。

Facebook、Instagram、Twitterなど、聞いたことがない、という人はおそらくいないでしょう。

LINEもこれらのSNSの1つです。強みとしては、何と言ってもその使用率の高さです。

SNSを集客で使うのは当然の時代ですが、いちばん考えなくてはならないポイントは、あなたの会社のビジネスのターゲット層がどんなSNSを利用しているかです。

LINEは使用者が多いですし、年齢別で利用を見ても幅広い層があります。ビジネスターゲットとなる人が、他のSNSと重なるとしても、多く存在している可能性が高いわけですね。

ビジネス、会社ではFacebookwoを使い、日常的にはLINEを使う。こういったケースも多いでしょう。ですが、Facebookno更新をツイッターでもお知らせするように、きちんと分けている、分けるべき、というケースは少ないです。

むしろ、Facebook窓口よりも距離感が近く感じられるため、より心情に訴えやすいツールと言えるでしょう。

 

LINE@インストール方法

①LINE@アプリは、iPhoneなら「App Store」で、Androidなら「Playストア」から入手しましょう。

②インストール完了後にLINE@を起動&ログインします。

ログインIDとパスワードは個人LINEのログインIDとパスワードと同じで大丈夫です。

 

③次に、LINE@アカウントの名前を入力します。ビジネスで使用する場合は、閲覧者が認識しやすい名前で入れます。

業種や店の名前と考えるとわかりやすいでしょう。その後、主業種・副業種を入力します。名前と同じく関連するカテゴリーを選択してください。

 

④閲覧者へのアイコン画像を準備して選択します。メインの商品画像でもいいですが、距離感が近いコミュニケーションツールのビジネスしようということを考えると顔写真がおすすめです。

 

⑤最後に、アカウントの作成」ボタンをタップします。

サービスや情報利用の規約にOKを選択すれば終了です。

 

設定おすすめポイント

友だち追加時あいさつ
LINE@に登録されると自動で閲覧者に対して通知されるメッセージです。

「友だち追加時あいさつ」を選択します。

初期設定のメッセージが表示されるので、メッセージを長押しして、削除を選びます。

黒い吹き出しが表示されるので一番右の「削除」を数回選択します。

新たにメッセージを入力して、閲覧者がわかりやすい文章かどうかチェックして「完了」を押します。

 

応答モード

応答モードとは閲覧者と1対1でのメッセージをやり取りする機能です。

「自動」から「手動」切り替えておきます。

「応答モード」を選択して「1対1トークモード」をONにしておきます。

 

位置付け

LINEは1対1に強く、距離感を近づけますが、LINE@はビジネス想定ということもあって、1対多に対応しています。

 

複数への同時に情報発信という観点からなら、メルマガのLINEバージョンと考えてもいいでしょう。

 

LINE@集客の強み

操作が簡単で、閲覧者との心理的距離感を縮めやすいです。

絵文字やスタンプを多用して良質なコミュニケーションを作ることだってできます。

さらにLINE自体の登録者、利用者の多さも基盤としては非常に有力です。

メールとちがい、既読という機能がついていますし、アイコンの横に未読の赤いカウント数字が出るとついクリックして開けてしまうのも強い個性です。未読や開封なしというような、メルマガでありがちな事態は起こりにくいです。