マーケティングオートメーションの導入ポイント

具体的に導入するとなっても、なかなか心理的なハードルを感じる方は多いでしょう。なんせ、ツールといってもマーケティング部門と営業部門を一括管理して効率化するようなソフトですから、従来は複数の部署にまたがって存在してもおかしくないような複雑かつ広範な用途です。

慣れてしまえば、必ず今よりは楽に業務を進めることができるはずです。

 

導入だけでは成果は出ない

よくある疑問、出てくる質問としては、「誰がソフトを活用するのか」「どんな準備と業務が必要なのか」「かけたリソースに対してリターンはどのくらいなのか」「どのくらいのコスト、リソースがかかるのか」といったものがほとんどです。

実は導入以前にも、世に数あるマーケティングオートメーションツールの中から最適なものを選ぶという作業がありますが、それについては、予算の面や求める機能などで変わってくるでしょう。

 

以下に比較記事をのせておきます。

マーケティングオートメーションの価格比較

 

実績や歴史で選ぶのもいいでしょうし、サポート体制なども調べましょう。

忘れてはいけないのは、使用可能な機能がどれくらいあるか、ということです。機能を増やせば追加料金が発生するケースもありますから注意しましょう。

ここでおすすめのツールは、なんといっても機能が使い放題で、値段が安い以下の商品。

「IPマーケター」です。

迷ったら、とりあえず上記の商品がいいです。

機能の多さと充実、価格の安さは魅力です。

サポートや無料体験もありますからチェックしてみて下さい。

 

ありがちな失敗

いちばん多いのが、メール配信機能しか使っていない、ほぼそれしか使い方がわからないといったケース。メール配信を自動化してくれる機能を備えているマーケティングオートメーションツールですから、人的ミスでメールが届かないなんてことを避けるためにも積極的に使っていく必要があります。ただ、それだけでは足りません。だいいち、メール配信だけが目的なら高すぎます。

それだけの使用では本来の目的の十分の一も達成できません。うまく活用して、営業、マーケティング部門双方の業務効率化と成約率向上を目指しましょう。

 

導入で意識するポイント

①改善されうる点は何か

まず気をつけたいのは、値段ばかりに目がいくことです。現在の自社商品やサービスを見たときに、改善していくポイントはどこか、そしてその改善はどのマーケティングオートメーションツールを使えば実現されるのか。そのために必要な機能は何なのか。ここを起点に考えていきましょう。値段はあとで考慮できますが、この選択肢は今後、ツール運用にも関わってきますから。じっくり考えてみて下さい。

 

②運用できるための体制・人員を備えているか

ツールは様々ありますから、サポート体制も様々です。トレーニング的な要素も必要になってきますから、親身になってサポートしてくれるツールを選ぶ必要があります。それと同時に、人員の数や体制を考えましょう。いくら効率化といっても1人2人でどうにかなるものではありません。

あるていどの人数を確保して、最初の週はどの作業、または最初の月はこの機能を使うなど、目標を立ててクリアしていきましょう。

この時点では、なかなか結果に結び付かないこともあるかもしれません。

最低でも、スコアリングやリスト表示などの機能をじゅうぶんに運用できるようになり、そのことが共通認識として共有され、マーケティンぐオートメーションからのアラートメールで各員が迅速に対応できるような状態になれば、結果はついてきます。

心配される方もいらっしゃいますが、真剣に取り組めばすぐに運用できるようになります。

 

③周囲の理解を得る

実際にお客様と接触してお声を頂戴する営業部門とちがい、マーケティング部門の市場調査などは、ともすれば机上の空論的な扱いを受けることもあります。そうなると、現場のことがわかっていないと思われたり、成果が出るであろうプランをなぜ実行しないのか、などの不満が噴出してしまいます。

そういったことを避けるためにも、自社サイトの閲覧行動を分析し、本質的なニーズを予測するのだというツールの仕組みやロジックを共有しておかなくてはいけません。

(実際の操作画面)

根拠もあるのだということがわかってもらえれば、マーケティングオートメーションツールの運用に協力的なメンバーも増えていき、その分、軌道にのるのも早くなるはずです。

特に、営業部門は長きにわたってお客様と接してきたわけですから、その力をムダにしてはいけません。マーケティングオートメーションツールの導入以前に商品やサービスを提案したお客様もいるはずです。

ツールはその方たちも分析の対象にできますし、また、営業部門の中だけでその情報が眠ってしまえば、ツールが分析対象にすることができません。

 

顧客管理情報をいちばん積み重ねているのはおそらく営業部門であり、「ニーズが高まる⇒購入してくれる」以外の購入行動についても知識があるはずです。

例えば、ある競合製品に不具合があって、本来あまり興味を持たれていなかったであろう、こちらの商品に目が向いてきた、そういうようなケースはマーケティングオートメーションだけでは分析しにくいケースでもありますが、同時に提案のタイミングなども重要になってくるケースです。他社製品に流れないようにするために、営業部門の力を借りることも大いにあるでしょう。

とにかく周知と協力です。

それさえ忘れなければ、成果は割と早く出るはずです。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580