SEO対策についてのキーワード選び

SEO対策とは何でしょうか。「SEOが強い」「弱い」とか言いますよね。平たく言うと、

「検索したときに表示される順位が高い」ということが「強い」状態です。

検索して、あてはまるサイトが並んで表示されますね。ずっと下までスクロールしていくと、ページ数が表示されていますね。もちろん、検索の対象や、サイトがどれくらいあるかによって変わりますが、だいたい1ページ目に表示されない限り、検索してもサイトには来ないと言われています。

2ページ目、3ページ目だと、そこまで調べて訪問する方はほぼいません。

なので、検索されたときに、上位表示されないと訪問者が増えません。

ではどうしたらそういう状態に持ち込めるのでしょうか。

 

キーワード選定を行う

まず、キーワードをできる限り検索されるだろうものにしていく必要があります。

キーワードを一般的にしておかないと検索対象になりません。

「インターネット」という検索でもかまいませんが、現在は「ネット」で検索する方が多いのではないでしょうか。

より一般的に使われる言葉にしていきましょう。

 

キーワードを並べる

一般的に検索されるワードにすると、必然的に検索対象が増えます。

一般的ということは数が多いということなので、あなたのサイトより上位に表示されるサイトが増えるということになります。

なので、検索順位が下がります。

こういったケースではどうすればいいでしょうか。

ひとつにはキーワードを組み合わせます。

「スマホ」だけで上位表示されるよりも、「スマホ」「OS」「最新」などの組み合わせにすると、上位表示される確率が上がってきます。

グーグルやヤフーなどの検索欄に文字を入れると、その下に予想されるキーワードが表示されることがあります。

これをサジェストキーワードといいます。ここから選んでもいいでしょう。

とにかくSEOが弱いうちは、3語くらいの組み合わせで狙っていくのがいいですね。

徐々にSEOが強くなっていけば、少ないキーワードでも狙っていける可能性があります。

ブルーオーシャンを狙う

もうすでに知られていることで検索上位を狙うのは非常に厳しいです。それより、新しい情報に対してアプローチする方が効果的です。

なぜなら、検索されることがありません。知られていないからです。知識がないものは検索されることがありません。

しかし、その情報があきらかになれば、当然検索対象になっていきます。

このことからも、自分の専門分野でいち早く情報を公開していく方が、検索されて上位表示される確率が上がります。

====================

<<全機能使えて最安値!最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580