【KPIで進捗を計測(基本編)】

【KPIで進捗を計測(基本編)】

KPIで進捗を計測

プロセスを定量的に評価する指数としてKPIがあります。
【KPI】は「縦横業績評価指標」とよばれています。

今、年間の売上を5千万アップする目標があるとします。

【目標:売上5千万アップ】

と言われても、では実際に何をどうして売上を5千万アップするのか?
どうすればいいのか?と露頭に迷います。

では、どう進めればよいのでしょうか?

もちろん、目標として「売上5千万アップ」は変わりないので、
その目標に到達するためにはどのように順を追って達成するのかという
実業務の取り組みに落とし込んでいかなければいけません。

では何があるのか?

「CTRの改善(何パーセントアップ)」
「CV率の向上(何パーセントアップ)」
「客単価のアップ」
「PV,滞在率の向上」

など目標と今現在をつなぐ評価指標として利用されるのです。

※KPI設定をする上でのポイント

→目標達成しやすい設定を行うことが必要です。
(効果的な対策が出来ていない、もしくはモチベーションダウンになりやすい)

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【広告費の効果指標(基本編)】

【広告費の効果指標(基本編)】

WEB集客を行うにおいて、広告費は必要です。
広告を使うことでサイトにユーザを集めて顧客へと変化させていくわけですから
広告による効果を検証しなければいけません。

このような広告検証を行う指標として、「ROI(投資対効果)」があります。

「ROI」=(広告での利益ー広告費)÷ 広告費 × 100

上記の計算式で求められますが、
広告での利益はコンバージョン数×平均利益単価で求める必要があります。

「ROI」の数値が高ければ、広告の費用対効果が高い広告となります。

広告を出稿していく上では必須の指標です。

 

さらに広告によって得られる指標はまだ他にもあります。

広告費に対して注文1件あたりの獲得単価をCPOといい、
広告費に対して顧客一人あたりの獲得単価をCPAといいます。
この2つは、ひとつの注文・顧客を得るためにかかった広告費がどれだけなのかで
費用対効果を測ります。もちろんこの数字は低い方が効果が高いということです。

WEB広告に50万円の広告費をかけたのに対し、
50件の注文をもらったとします。

この場合のCPOは注文1件当たりの単価は1万円です。
これで100件の注文が来た場合は単価は5千円です。

コストを軸に広告費を考えるのであれはしっかり見ていきたい評価指数ですね。

 

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【記事に溶け込んだネイティブ広告(基本編)】

【記事に溶け込んだネイティブ広告(基本編)】

以前は、サイトで広告を表示する場所というのはある程度、一般的に固定されていて、
サイドバーやフッターなどに掲載されていましたが、
今ではブログサイトが多くなった影響もあるのか、
記事の途中に広告がはさまれることが増えました。
(ある種、テレビのCMみたいなイメージですね)

しかし、やはり記事を読んでいる途中に広告があると若干違和感を覚えます。
その違和感は広告に対しての不快感です。

その為に、一般記事に自然と溶け込んだ広告記事が増えてきました。
その広告は「ネイティブアド」と言われています。

 

「ネイティブアド」は見た目が記事と変わらないので、
ユーザに対してアピールしやすい特徴があり、
クリック率も当然高まります。

「ネイティブアド」の種類として、

  • インフィード型
  • 検索連動型
  • レコメンドウィジェット型
  • リスティング型
  • インアド型
  • メディアごとのカスタム型

があります。
「ネイティブアド」は、一目で広告と判断できないようにしているので、
クリックしてから広告が表示されて
ユーザを迷わせるおそれがあるので注意したいところです。

ネイティブアドを利用する場合は、不快感を与えないように気を付けましょう。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【リーチとフリークエンシーって何?(基本編)】

【リーチとフリークエンシーって何?(基本編)】

リーチとフリークエンシーって

「リーチ」と「フリークエンシー」とは、インターネット広告の
効果を測る指標として使われるものです。

「リーチ」は広告への到達率を表す指標で一定期間の間、特定の広告を
どれだけの割合で閲覧されたかを表現します。
アクセス解析で使われる「UU(ユニークユーザ)」と同じ意味と考えることが出来ます。

全インターネットユーザのうち、2割が広告を見たら
【リーチ:20%】となります。

 

「フリークエンシー」は広告に対しての接触度合を示す指標で、
一定期間の間、特定の広告を一人のユーザが見た回数(平均の回数)を表します。
アクセス解析で使われる「PV(ページビュー)」と同じ意味と考えることが出来ます。

1ユーザが期間内に3回広告を見たら
【フリークエンシー:3回】となります。

 

より効果の高い広告を選ぶには「リーチ」、「フリークエンシー」の
どちらかを重要視するかによってかわります。

「リーチ」はより多くの人に認知されやすい広告であれば効果が高いですが、
1度では認知されにく広告を扱う場合は何度か見てもらう「フリークエンシー」が有効です。

最終的には広告をクリックさせて、その先に進ませることが本来の目的なので、
商品の特性を生かした広告で「リーチ」と「フリークエンシー」を上手く使い分けていきましょう。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【広告の出稿先選びは重要(基本編)】

【広告の出稿先選びは重要(基本編)】

ネット広告を出すにあたり、出稿先選びはとても重要です。
なぜか?
それは選択した出稿先によって、かかってくるコストも、広告として
配信される範囲や表示場所により広告の効果が変わってくるからです。

ネット広告を行いやすく、幅広く認知させたい場合は、
リスティング広告(検索連動型広告)を活用するのがベストです。

リスティング広告は一つのキーワードについて入札形式の料金になっています。
そして、広告の品質によっても掲載される順番は変わってきます。
しかし、キーワードによって合致した広告が掲載されるので、
入札する時の価格によって効果が変わります。

facebook広告においても年齢・性別・居住地域など属性を指定して
配信できるので、嗜好性の近いターゲットに配信され、「いいね」によって
拡散される効果があります。

一つの広告を複数のサイトで扱いたい場合は「アドネットワーク」が便利です。
ある種、ネットの広告代理店です。広告を出稿することで、その会社が持っている
広告ネットワークにより、広告が配信されていきます。
多数のサイトで表示ができるので広範囲からの流入が期待できます。

自社が想定する認知のされ方、料金設定、広告効果などを考慮して、
それに見合った出稿先を選定していくことが重要です。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【離脱ユーザのチェック(基本編)】

【離脱ユーザのチェック(基本編)】

ridatsu

ホームページに訪れたユーザすべてがコンバージョンしてくれたら
100%のCV率でいうことは特に今回のようなチェックをする必要が無くなって
くるのですが、実際問題、100%はありえない数字です。

リスティング広告や検索での訪問までは出来ても
その中に入ってからの行動が、ページを見ずに帰っちゃったりすることがありますが、
その事を「直帰」といいます。
全訪問において、「直帰」がどれだけの割合かを算出したものが「直帰率」です。

さらには数ページ移動して他のホームページに移って行くことを「離脱」といい、
離脱した割合を算出したものが「離脱率」です。

「直帰」「離脱」した人がホームページの「滞在時間」は短く、
結果として、興味がなかった、需要を満たせなかったということです。

その為、どうして目的を果たせなかったのかを考えて、対策することで、
今後の離脱率、直帰率を改善させて行きましょう。

この動きがコンバージョン率を上げていく施策の一つと言えます。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

【成約数と成約率(基本編)】

【成約数と成約率(基本編)】

成約数と成約率

WEB広告を掲載し、その掲載されたバナーからクリックによるリンクで
ホームページに誘導させることでクリック率が高まりますが、
しかしながら、ホームページに誘導後に自社の目的を達成してくれなければいけません。

・商品の購入
・資料ダウンロード
・個人情報収集

ウェブマーケティングにおいて、ホームページに訪れた人が、
目的を達成してくれることを「コンバージョン」といいます。

実際に、WEB広告などから来る人は潜在顧客(見込客)であり、
「顧客(会員)」ではありません。だからこそ、
潜在顧客が顧客に変化するという意味でコンバージョンと言われているのです。

ではホームページに訪れて、目的が達成された顧客の数を
「コンバージョン数」で、ホームページを訪れた潜在顧客に対し、
どのくらい達成されたかを示す割合が「コンバージョン率」です。

コンバージョン率 = コンバージョン数 ÷ ホームページを訪れた潜在顧客(UU)

 

このコンバージョン数を上げることがウェブマーケティングにおいての
目標になりますが、いかにしてコンバージョン数を上げるのか。

①訪問数を上げる
実際の母数を上げる方法で潜在顧客のアクセスを増やすことです(広告費用が必要です。)
もちろんターゲットの絞り直しや出稿先の変更により対策する方法もあります。
口コミなどSNSを利用して拡散し、訪問を促すのもありです。

②コンバージョン率を上げる
コンバージョン率とは制約率(目標達成率)です。訪問者の離脱を防ぐような
施策をホームページ内で行います。
・商品のアプローチ方法、ボタンの設置場所など

 

コンバージョンにおいてはホームページを利用していただく、
お客様も自社も両方がwinの関係になることがコンバージョン数を上げる近道だと思います。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【クリック率で効果を確認(基本編)】

【クリック率で効果を確認(基本編)】

他のホームページに掲載しているバナー広告、自社サイトのリンクが
どのくらい有効的に機能してるのかを知ることは集客戦略において重要な項目です。

ウェブマーケティングではインターネット広告の効果を見ていく上で、
チェックしていかなければいけない指標は【CTR(クリックスルー率)】です。
略して「クリック率」です。

クリック率はインターネット広告が実際にクリックされた回数を
インターネット広告が画面で表示された回数(インプレッション数)で割る数値です。

CTR = クリック数 / インプレッション数

クリック率が高いということは掲載しているインターネット広告に対して
興味を持たれていることになります。もしくは、広告の画像に対して、インパクト
もしくは興味付けがされているので広告として有効的だと判断されます。

逆にクリック率が低いと画面には多く表示されていたとしても、
興味を持たれていないので広告として機能していないと判断されます。

これは広告の画像やキャッチコピー、デザイン、内容を検討する必要があります。

クリック数は誘導した結果であるのですが、クリックさせる機会を増やすためにも
インプレッション数(画面に表示される回数)を増やしていきたいところです。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【広告を表示させるきっかけ(基本編)】

【広告を表示させるきっかけ(基本編)】

インターネット広告はユーザがどのように見て、
クリックさせるかが課題です。
ではどのようにユーザにクリックを促すのがよいでしょうか。

不特定多数のようなビックワードで広告を出して、
クリックを促すには費用対効果としては認知度が上がる程度でしかありません。

そうなればしっかりターゲットを選定して行う必要がありますが、
ユーザが検索したキーワードで広告を表示させる「リスティング広告」が主に使われます。
リスティング広告を「検索連動型広告」とも言われていますが、
まさにターゲットが興味のあるキーワードを検索した横に広告が表示されるので、
興味のある内容であればクリックされやすい特徴があります。

あと、ウェブページの中にも掲載内容と同じように連動させた広告が表示されることがありませんか?
それは「コンテンツ連動型広告」と言って、ホームページと広告が連動した形の配信方法です。
例えば、本のレビューコンテンツの下に紹介されていた本の広告バナーがあったりしますよね。

他には、今までの行動履歴によって広告が変わる「行動ターゲッティング広告」と呼ばれる広告があります。
閲覧していたページ、購入した商品によって広告の内容が変わる「レコメンド」に近い広告です。

スマートフォンでよくありますが、閲覧している場所によって
位置情報を読み込んで近くにある店の広告を表示させたりする「位置情報連動型広告」もあります。

このように広告を見てもらうためのきっかけは複数あり、
ターゲットに応じてより人を囲い込み出来る広告を選定して利用する事が必要です。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【広告の成果指標(基本編)】

【広告の成果指標(基本編)】

ネット広告の効果を測定する基準として以下の指標があります。

「CPA(顧客獲得単価)」
「CTR(クリックスルー率)」
「CVR(コンバージョン率)」

CPAは顧客一人にの獲得にかかったコスト、
CTRは広告のクリック率、
CVRはコンバージョンの達成率です。

広告の料金設定は3種類あります。
①成果報酬型
②クリック課金
③インプレッション課金

成果報酬型はその名の通り一定の成果が出てこそ料金が発生するシステムで、
アフィリエイト広告が代表的です。クリック課金はクリックされた回数によって
料金が発生します。インプレッション課金は広告が表示(インプレッション)された回数で
料金が発生します。

この通り、出稿した広告の成果(効果)によって料金が発生いたします。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/