【自然流入とリスティング広告(基本編)】

【自然流入とリスティング広告(基本編)】

ユーザが自社のホームページにアクセスしてく方法はいくつかあります。

自然流入とリスティング広告
パンフレットなどに書かれたアドレスを入力したり、QRを読み取ったり、
お気に入りのホームページにリンクが貼られていたり、紹介されていたり、
しかし、基本的には検索エンジンで気になるキーワード(興味のあるキーワード)を
入力して出てきた一覧からクリックして訪問する※1。
もしくは検索キーワードに連動した広告をクリックして訪問する※2。
大きく、2つの方法が多いのではないでしょうか。
両方、検索エンジンが元になっていますが、この2つは違いがあります。

※1は自然流入といいます。
自然流入とは検索結果の一覧ページをクリックしているのですが、
これはお金(広告費)をかけずに意図したキーワードによって表示されて、
ユーザが自然と訪問してくるところから自然流入と言われています。

※2はリスティング広告といいます。
リスティング広告はユーザが検索するであろうキーワードに
広告を設置することで、自社のホームページへ誘導させるのが
目的です。こちらは広告費を使いユーザを操作することが可能です。

検索エンジンを利用してマーケティングを行うので、
SEMとも言われています。

SEMはSearch Engine Marketing の略名です。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【まだまだあったコンテンツマーケティング6つの手法】

【まだまだあったコンテンツマーケティング6つの手法】

先日のコンテンツマーケティングの手法がまだ6つほどありましたので、
ご紹介いたします。コンテンツマーケティングも細分化されているので
まだまだ出てくるかもしれませんね。。
それではいってみましょう!

コンテンツマーケティング

①インフォグラフィックコンテンツ

情報、データ、知識を視覚的に表現したもので誰もが解りやすい
図解にしているコンテンツです。
資料等に使われやすいので注目されやすくなります。

②ホワイトペーパーダウンロードコンテンツ

調査データや資料などをダウンロードできるようになっているコンテンツが
ホワイトペーパーと呼ばれています。
商品の事例など企画前段階で調査するように資料が欲しいユーザー向けです。

③デモコンテンツ

商品を購入する前に一度見てみたい、触ってみたいユーザーにとっては
体験が出来るコンテンツです。ユーザーの心理的ハードルを下げて今後の
販促に対応させていくことができます。

④ウェビナー

ウェビナーとはウェブ上で行われるセミナーのことです。ウェブ上で行うので、
遠隔地からでもリアルタイムで参加出来るのが大きな特徴です。
リアルのセミナー同様に閲覧者を引き込むことが出来る為、今注目を浴びている
コンテンツマーケティング。

⑤事例コンテンツ

コミュニティ・レビューコンテンツに近いですが、事例は実際にその商品を使って、どんな効果があったのか?
導入までに行ったことは何か?など、人が参考になるような事例を多く掲載されているコンテンツが特徴です。

⑥口コミコンテンツ

レビューコンテンツに近いですが、レビューと比べるとレビューは
少数ですが、口コミは多数でのレビューです。その口コミによって
商品の売上げが違ってきます。

 

この調子でまだまだ出てきそうですが、現状はこのあたりで。。
いかがでしたでしょうか?どのコンテンツならば出来そうと思われましたか?
自社の取り扱うものによっても使い道が変わってきますので
要注意が必要です。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客は必ず強み分析が成功の鍵です!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBook内での集客シナリオ、無料ダウンロードできます!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【コンテンツマーティングで使われる7つ手法】

【コンテンツマーティングで使われる7つの手法】

コンテンツマーケティングって?

コンテンツマーケティングは2015年頃から出てきた「キーワード」で、
ユーザーが求めるコンテンツを提供しつづけることでユーザーをファンにさせて、
その後の販促を有利に行っていく手法のことです。
よりよい「コンテンツ」を常に提供するということがユーザーニーズをつかみ、
口コミとしての広がりもあるのが特徴と言えます。

逆に「コンテンツ」を提供するという間口の広い事なので、
何から初めていいのか。ただただ更新しているだけになっている方も多いようです。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングでよく見る手法

①バイラルコンテンツ

つい「いいね!」を押したくなるコンテンツは、ユーザーにとって、解りやすく
アクションを起こさせるためのハードルが低いので、興味を持ってもらいやすい人気のコンテンツの1つです。

「バイラル(viral)」がウィルス性の意味を持ち、口コミで爆発的に広がりやすいコンテンツをバイラルコンテンツと言われます。
人々に広がりやすいコンテンツを作ることが重要となるのでバイラルコンテンツは内容が難しい部分ではあります。

では拡散されやすいバイラルコンテンツの内容としては
【感情を揺さぶるもの】・【ユーザーの気になるもの】が多いです。

 

②診断系クイズ

診断系クイズ形式のコンテンツは共感が生まれやすいのが特徴です。
なぜ生まれやすいのか?ユーザーがそのクイズに興味を持ち、答え、その結果をシェアすることで、
他の人がその結果を共感し、連鎖のように同じような行動が広がるからです。
診断系は答えが一つではないので、「自分だったら違うのか?」してみようという欲求にかられます。
動物占いや先祖診断などが良い例ですね。

 

③コンテンツ動画

コンテンツ動画は制作に手間とコストがかかりますが、テキストだけのコンテンツに比べ、
表現の幅が広いので、視聴者に多くの情報量と感情表現で訴えかけるコンテンツなのが特徴です。
視聴者へ問いかける系の動画に人気がでる傾向があります。
自分だけでなく、他の人にも考えてほしいという心理からシェアされやすくなります。

 

④有名人を活用したコンテンツ

著名人などの知名度を活用すると、そのコンテンツに説得力が増します。
有名であればあるほど注目度は高いのでその方に寄稿してもらう、
企画に参加してもらうなどで有名人などのファンから拡散されることが多いです。

 

⑤記事コンテンツ

日本で一番流行っているコンテンツの一つです。
ブログを活用するので、始めるにはとても良いからです。
コンテンツの中身で左右されるので、始めるのは簡単ですが、
難しい部分です。

記事コンテンツではどのようなタイプがあるのか。
【感情コンテンツタイプ】
面白コンテンツは「イラスト系」「癒し写真系」など人の感情にアクションを起こすタイプです。
【役立ちコンテンツタイプ】
ユーザーが必要としている情報を、記事の中で提供し、最終的にコンバージョンへ誘導させるタイプです。
【コンテンツSEOタイプ】
記事を多く公開し、順位が上がったコンテンツの中身をブラッシュアップしていくタイプです。

 

⑥レビューコンテンツ

新商品をユーザーの視点からレビューするコンテンツ。
商品の魅力や中身がどうなっているのか、販売元が想定していない活用法など
商品の良い点ばかりを扱うのではなく、改善点や希望などをしっかり情報発信することで
販売元にすればより良い商品を開発する情報の場として、ユーザー側は
まだ手にしていない商品の魅力や欠点などを知ることが出来るレビューコンテンツです。

 

⑦コミュニティからの情報コンテンツ

SNSなどコミュニティやフォーラムで、特定の商品に対する意見や質問などの
情報収集をしながら活発に意見交換していることで、
それを見た他のユーザーがその商品に対しての参考になるコンテンツとなります。
例えば化粧品についての使い方やタイミングなどいろいろな意見を集めることで、
他のユーザーが自分はこう使おうなど参考になる情報サイトになるイメージです。

 

 

いかがでしょうか。
7つの手法についてはその扱う情報によって使い分けていかなければ
効果があまりでません。その点はしっかり吟味してコンテンツ作りをしていただければと
思います。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客は必ず強み分析が成功の鍵です!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBook内での集客シナリオ、無料ダウンロードできます!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【ホームページ集客でアクセスアップが可能な8つの方法】

【ホームページ集客でアクセスアップが可能な8つの方法】

ホームページから新規で売上を上げるには、成約率を上げるためにはまず、
アクセスアップを行い、アクセスの質を向上させて、コンバージョン率をアップ
させる必要があります。

今回はホームページを立ち上げるにおいて、
費用対効果の高いホームページ集客のアクセスアップの方法を
自社で行える方法と、外部に依頼する方法をご紹介いたします。

 

アクセスアップ
【自社でホームページアップの対策を行う】

①ブログ更新でコンテンツSEO対策
ブログはSEO対策として、自社で行う一番行いやすい手法です。
コンテンツSEOとしても、一つ更新するたびに1ページ増えていくので、
自社サイトが強くなります。ブログを更新するということは、その文章の中に
キーワードとして引っかかる可能性が増えるので、
自社の潜在顧客を引き出すことも新たな販路も作っていけることができます。
ブログは日記という使い方ではなく、業務報告やお知らせ、新商品紹介など
多方面においての広報的役割をはたしてくれます。
②フェイスブックやツイッター等、SNSを活用
ソーシャルメディアは、自社で行うことができますが、
運用はブログに比べると若干ハードルが高くなります。
ソーシャルメディアは基本的に自分で顧客を集めてこなくてはいけません。
よく使われる方法として、顧客フォローをベースとした利用になります。
SNSで一番注意しなければいけないのは、発言が簡単にできてしまうため、
不要な発言まで簡単に公開してしまい問題になるケースです。
運用方法さえ間違わなければ効果的なツールになるので、
利用前にはしっかり準備してから運用しましょう。
③リンク貼り付け
自社が所属している団体やその他関連情報のリンクサイトへのリンク申請や
相互リンクなどを行うことです。有名なサイトであれば、そこからの
流入が見込めることと、SEOの被リンクとしての効果もあると思われます。
ヤフーのカテゴリー登録などの有料被リンクもあります。
被リンクサービスなどの業者によっては逆に順位を下げる原因にもなりますので、
注意が必要です。
④SEO内部対策
内部対策として【タイトル】【ディスクリプション】【h1】【コンテンツテキスト】を中心として
タグの最適化とキーワードの組み込み具合によりグーグル検索による検索順位に反映してきます。
検索されやすいユーザー視点でのコンテンツ制作を行うことで、より質の高い顧客の流入を見込めます。

キーワードの選定を間違えると、
自社が望むキーワードが検索にひっかからない状況になってしまうので
気を付けたいところです。

⑤リスティング広告
ホームページのアクセスを手っ取り早くアップさせる方法として利用されています。
検索エンジンで指定のキーワード検索結果画面の上側、右側に表示されるので、
クリックされやすいとされています。1クリック○○円と費用をかけて行います。
自社で行うことも出来ますが、業者に任せて行うところもあります。
⑥ターゲッティング広告
ターゲッティング広告とは見ている人の関心の高い内容や興味のある内容を元に
広告を表示させます。リマーケティング広告は一度訪れたサイトの広告を常に表示させます。
一度訪問した人や関心興味のある内容について広告が貼られるので、非常に高い
費用対効果をもたらします。アクセスアップ、WEB集客には、必須の広告だと言えます。
⑦フェイスブック広告
フェイスブック内で表示させるWEB広告。
フェイスブックの利用者はビジネスマンが多いため広告の反応も良く
ターゲットを細分化させて、広告配信ができるので、
他の広告より高い費用対効果がでます。
⑧アフィリエイト広告
アフィリエイト広告とはブロガーたちが宣伝用のサイトやお役立ちサイトを作り、
そのサイトを経由してユーザを誘導させる広告です。成果報酬型の広告として有名です。
サービスが魅力的でなかったり、成果報酬の報酬が少なかったりすると広告として
扱ってもらえない場合もあります。
8つの方法を紹介してきましたが、
必須は「コンテンツSEO」と「SEO内部対策」は行いましょう。
その後の経過をみて「リスティング広告」などの広告宣伝をしていきましょう。
まだまだ様々なホームページのアクセスアップの方法があると思います。
是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【アクセスアップのために行っていく10の方法】

【アクセスアップのために行っていく10の方法】

問い合わせを獲得するための考えること。

ホームページに集客させるには
まずを持ってアクセスしてもらわなければなりません。

アクセスがあって初めて問合わせに行く確率が上がります。

しかし、ホームページから問合わせを増やそうと思い、
ホームページを一生懸命制作したのに、ほとんど問合わせが来ない。

そんな現象で悩みを持っている方は多くいるはずです。

ホームページを作って、定期的に更新しているのに上手く行かない。
じゃあとりあえずペンディングとして放置するか。
やっても問合わせこないだろうと思ってしまうでしょう。

ここで放置せずにもう一度考えてほしいことがあります。

 

 

まずアクセスはなぜ増えるのかを考えてください。

訪問される方法を思いつくまま書き出して見ましょう

  • キーワードを検索してからの訪問
  • バナーやリスティングなどの広告からの訪問
  • facebookやLINEなどのSNSでの告知からの訪問
  • リアル営業での名刺に書かれたHPアドレスからの訪問
  • 雑誌などに取り上げられたニュースサイトからの訪問
  • そこにホームページがあったからの訪問
  • 口コミで紹介があったからの訪問

いろいろ訪問してくる方法はありますが
上記すべてをイメージ出来たでしょうか?
上記すべての方は訪問して来たらもうすごいアクセスになりますよね!?

え?

各項目でチラホラしか来ないんじゃ・・・
と思いましたか?

ではなぜチラホラのイメージなのでしょうか?

そのイメージを払しょくするにどうしたらよいのか?
を考えてみましょう。
その項目を羅列することで、改善しないといけない点が
出てくるのではないでしょうか。

ホームページの必要性を考えてみる

そして次にどうしてホームページが必要なのか。
さらには御社を利用することで顧客にどのような
いいことがあるのでしょうか?

  • 御社でしか取り扱ってない商品が欲しいから
  • 御社のサービスがとてもいいから
  • 顧客の手の届かないところを御社が行うから
  • 御社の商品を使うことで顧客の利益が向上するから
  • 御社の商品によって顧客が安全に利用できるから
  • 御社に任せておけば顧客が安心できるから
  • 顧客が御社をビジネスパートナーと見ているから
  • 御社の商品が安くてよいものを提供しているから
  • 顧客のトラブルにも御社が早急に対応するから

まだまだ自社製品のことなので
顧客の利益になることは出てくると思います。

ターゲットの再確認

そしてその自社製品のエンドユーザーは誰になるのでしょうか?
人であるならば性別や年齢層やさらに特定の人の場合もあるでしょう。
企業であれば企業の業種・職種など使われる分野があると思います。

 

ホームページ集客の対策は出来ている?

いままで項目出しした内容について
現在のホームページはクリアしているでしょうか?

その方たちが訪問してきて
顧客に利益があるんだと認識させることができる
内容を紹介出来ているでしょうか??

そして、そのホームページを見て、
いつでも問合わせしようとボタンの設置が
出来ているでしょうか。

どのホームページにおいても同じですが、
問合わせが来たらゴールだと思っていませんか?

ゴールを作るならば、「月に何件更新する」
「月に何件問合わせがくるようにする」

など継続できるように目標を作りましょう。
アクセスが増えてきたからといっても更新を
止めてもいいわけではありません。

それでは最後にホームページのアクセスアップのために行っていく10の方法を紹介します。

ほぼ上記のまとめみたいなものですが。。

 

ホームページのアクセスアップのために行っていく10の方法

① 目的と作る意味を明確にする。
② 目標を立てる。(問合わせ数など)
③ 誰が見るのか考える。(属性ターゲットを把握する)
④ あなたを選ぶ理由を考えましょう。(お客様の利益を考える)
⑤ 今までの実績証拠を見せる。(商品の価値を高める)
⑥ お客様の心に届く文章を作る。(お客様にどうあって欲しいか?)
⑦ 競合他社と比べる。
⑧ ファーストビューで大切な情報を伝える。(④・⑤・⑥をトップでまとめる)
⑨ 問い合せページを考える。(必要最小限にすること)
⑩ 導線を改善し続ける。(更新していくこと。変化にはしっかり対応)

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客は必ず強み分析が成功の鍵です!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBook内での集客シナリオ、無料ダウンロードできます!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【WEBメディアを理解しよう】

前回はホームページを見てほしい為にはホームページの目的をしっかり持つと紹介しました。

今回は、ホームページ集客を行う際、訪問者ターゲットに合わせた集客手段(流入チャネル)を
選びますが、ユーザーがどんなホームページサービスを使うのか?
利用傾向を知っておくことが有効となります。

通常のホームページサービス

コーポレートホームページ。
ネットショップサイト。
スマホサイト。

スマホサイトの対応はグーグルがSEOには必須とも言いますし、
PC閲覧よりスマホ閲覧の増加が大きいともあります。

・ホームページ販促的サービス

ブログサイト。
メルマガサイト。

ブログサイトはグーグルのSEO対策に必須で導入企業は多いです。

ソーシャルサービス

Facebook
ツイッター
LINE
Instagram

これは定番ですよね。企業FBページも多く運営されています。
個人や芸能界で最近はInstagramの利用が多いようです。

ホームページ集客を向上させるには上記のサービスの導入は必須ですし、
実際にユーザーと接触したりすることも集客に繋がる動きです。
あとは継続して情報発信して他と埋もれてしまわないようにしましょう。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
いろんなホームページサービスを使うとしても強みはお忘れなきように。

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

SNSメディアのFaceBookはいかがですか?

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

 

 

【ホームページ集客】

【ホームページ集客】

ホームページを掲載したなら
やはり多くの人に見てもらいたいものです。
ではどうすればいいのでしょう?

まずは自社のホームページをアップした目的を整理しましょう。

ホームページを作る目的として
・会社の認知度を上げる
・会社概要を掲載しておきたい
・自社のサービスを告知したい
・自社の商品をPRしたい
・リクルート活動の一環として掲載しておきたい
・お客様を獲得したい
・オフライン以外の販売経路を作りたい
・注文をデジタルにして管理しやすくしたい

など様々あると思います。

ではお客様に見てほしい点をひとつに絞るとしたら
どこが一番お客様に見てほしいところですか?

見てほしい部分は大体がすべて見てほしいとなりますが、
そうなってしまっては本当に見てほしい部分の表現が薄くなり
結果ぼやっとしたホームページになってしまいます。

今のホームページはしっかり目的に沿った
ホームページなっているでしょうか?

まずはそこからはじめましょう。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
ホームページを見てほしいなら自社の強みを発見してアピールしませんか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBook内でも集客アップのシナリオ考えてみませんか?

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/