LINE@(ラインアット)集客UPのマニュアル①~概要

この記事の「LINE@」の機能説明

・「LINE@」は無料でも利用できる。

・チラシやクーポンを配信できる。

・トークは、投稿のコメント欄で行う。

 

 

ターゲットは4億人?

 

皆さんよく御存じのアプリ、「LINE」。

もう日常でのコミュニケーションには欠かせませんよね。このLINEの誕生は2011年6月でした。

スタンプ昨日や親しみやすいトークルームのデザインが評価されて、わずか3年で日本国内でのユーザー数が5000万人を突破しました。

機能面ではLINEゲームなども増加していますから、今後も発展の見込が強いSNSツールと言えます。

世界でも同様の減少が起きており、ユーザーの数は全世界ですでに4億人を超えています。

若干、アジア圏の方が勢いがありますが、今後も増えることはまちがいないので、それほど気にしなくてもいい問題です。

 

LINEで集客は可能か?

日本国内だけでなく、海外もその射程距離に入っていますから、営業や集客に使いたい!という方も多いのではないでしょうか。

SNSの普及はデジタルネイティブと言われるような世代が持つ価値観、ひいては今後の社会の価値観に大きな影響がありました。

平たく言うと、多様性です。SNSが普及して、いろんな人がいろんな人の価値観の多様性を認めるようになりました。

こういった流れでは、大勢の人々にひとつの価値観のもとに作られた商品を提供するだけでは足りません。

いろんな人が、いろんな人に、多様性を持って商品やサービスを提供する時代です。

LINEのようなコミュニケーションツールは、アプローチしたい対象との心理的な距離を縮めやすいのが特徴です。

もともとコミュニケーションツールだったわけですから、よりフレンドリーな印象を持ってもらった上で、集客のためのプラン、例えばクーポンなどを発行したり、広告を配信すれば効果が上がるというわけです。

 

LINE@アカウントの種類

・スタンダードプラン(無料)

・プロモーションプラン(有料)

有料のプランは月額で費用が発生します。

 

プロモーションプラン

月額5,400円(税込)

 

 

ちなみに、このふたつのプランの「友だち」登録の上限は、共に

1万人。

上限を増やしたい場合も、別途費用がかかります。

これも、今後の解説で詳しく説明します。

 

まずは無料で初めて、有料に移行することも可能です。

わかりやすいので、まずは無料バージョンからご説明します。

 

基本的な機能

機能①プッシュ通知

LINEのプッシュ通知機能について説明します。

 

登録してくれている「友だち」のトーク画面に、チラシやクーポンや割引券などを送信できる機能です。

いきつけ、ごひいきのショップからの案内など、目にした方も多いのではないでしょうか?

もちろん、紙で印刷するよりも費用としては大幅に安いです。

↓上の段がメッセージ、下の段の吹き出しをクリックすれば、クーポン画像が表示されます。

 

 

 

機能②タイムライン

 

プッシュ通知で表示されるクーポンや割引の情報は、LINEのトーク画面に表示されます。

 

普通、皆さんがお使いのLINEでは、この画面で会話します。

ですが、

「LINE@」では、できません!

 

では、お客様と、LINEでやりとりするように会話をしたい時はどうすればいいのでしょうか?

 

その時は、「タイムライン」機能を使います。

Facebookに少し似たシステム、と思って頂いてもいいかもしれません。

具体的には、投稿に対して、「友だち」がコメントしたり、いいね!をしたりすることができるようになっていますから、その機能を利用して会話しましょう、ということです。

 

↑この「いいね」がつけられるところやコメント欄で会話をしていきましょう。

 

———————————————

◆まとめ◆

・「LINE@」は無料でも利用できる。

・チラシやクーポンを配信できる。

・トークは、投稿のコメント欄で行う。

 

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580

LINE@(ラインアット)は危険?注意点について

現在使用者シェアが高く有名なSNSといえばなんでしょう?
FaceBookなどが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、なんといっても「LINE」ですよね。

皆さんの中でもお使いの方は多いと思います。

 

LINE(ライン)について

日本国内に限っていうと、その利用者数はFacebookを大幅に上回って5200万人(ガイアックス ソーシャルメディアラボのデータ)にのぼっています。これはすごいシェアです。似たようなSNSでカカオトークなどがありますが、全く利用者数がちがいます。

割合でいうと、2~3人に1人は利用しているほどですから、ナンバーワンといってもいいかもしれません。

 

LINE@(ラインアット)について

では「LINE@(ラインアット)」は利用しているでしょうか。

こちらは、ラインとしては認識されている、つまり自分の使っているスマホのラインと同じだと認識している方もいるかもしれませんが、少しビジネスよりの使用が可能になるバージョンです。商用利用、ビジネス向けの昨日が増えたLINEアカウントサービスのことを、LINE@と言います。

店頭などで「LINE@」はじめました」などの文言を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

LINE@(ラインアット)の注意点?

店舗や百貨店、またはもっと小規模なビジネスなどをされている方でも導入を始めているかもしれません。

しかし、実際にビジネスシーンで使うと、見落とされがちなデメリットがあって、そこは注意が必要です。

実はこのLINE@には使う上で大きな落とし穴があることに気がつき、そして実際にその穴にハマりました。

この落とし穴はビジネスとして使っていくにはあまりに大きすぎる危険な穴なのでした。

「LINE@」のサービス詳細

とりあえずは「LINE@」を使えばどんなことができるのか、というところですね。

 

LINE@のサービス自体は、店舗型のビジネスを手がけている方たちに提供されてきましたが、2015年2月から個人事業主、つまり個人使用も使えるようになりました。

従来の紋切型のダイレクトメールやその他の広告戦略とは違う、お客様との距離を近く感じさせることができるのが魅力でした。

個人アカウントと公式アカウントのちょうど真ん中といったイメージです。

メッセージ送信

LINE@の代表的な機能としては、友達登録をしてくれた顧客やファンに向けて、メッセージを一斉送信が可能です。

友達登録はふだん使っているLINEのともだち登録ですね。全員に向けての一括送信ができないことは、普段ラインをお使いの方ならわかるでしょう。同じようなことをするなら、グループラインにする必要がありますよね。

それが不要なんです。

キャンペーンやイベント情報などの各種PRに大きな力を発揮する機能となっています。

 

メッセージ自動返信

 

一斉送信などのアクションを起こしてもらって、そのリアクションを自動返信することも可能です。

 

友達登録時に送られる1通目のメッセージ内容をなども変更・カスタマイズして、どういった挨拶やきっかけ、印象を与えたいのかをよく考えて自動返信すれば、ともだち登録してくれた方もよく思ってくれるのではないでしょうか。

送られてきたメッセージに、キーワードが入っているかどうかを判別して、そのキーワードに対応したメッセージを自動で返信させることもできます。

 

例えば、「おすすめのレストランは?」というキーワードに対して、おすすめのレストラン名を答えるように設定することが可能で、例えば、送られてきたメッセージにおすすめのレストランは?という質問が入っていれば、自動的に返信されます。

 

従来通り、ラインで一対一のメッセージのやりとりも可能です。

 

LINE@でできないこと

友達登録した方には、無料スタンプをプレゼントという機能がありますが、これは使えません。

公式アカウントを取得すれば可能ですがLINE@ではそれができません。

ですからスタンプを景品とする登録のお願いは使えない作戦となります。

 

LINE@はそのイメージがとっつきやすい

ラインアットとは、企業レベルの公式アカウントではありませんが、似たようなことが可能です。

今は個人でも使えますので、個人事業主や、芸能、タレント活動などをしているような人が、ファンとの距離を縮めるために使うこともできます。

というよりそういう使い方が適している、と言えますね。

 

Facebookの企業ページは、個人のFacebookページとは作りが違っています。

そういうイメージを思い描いてもらえればと思います。

 

LINE@(ラインアット)の危険・注意

 

ともだち登録者数は、やはり増やしたいものです。

普通の個人のやりとりならそんなに必須ではないですが、もう少しビジネスユースの傾向があるわけで、おそらくはともだち登録とは、顧客数に直結してくるわけです。

となればどうしたって多い方がいいのですが、ここに落とし穴が。

あまりにも多くの対象に一斉送信を行うと、スパム判定にひっかかって、ある日突然アカウントが停止という事態がそこそこ報告されています。

Twitterなどでも一時期、こういった報告を上げている方を目にしました。

もちろん、そのアカウントで一対一のやりとりだって行われているわけですから非常に困ります。

 

LINEのスパム判定のアルゴリズムは、かなり厳しいめに作られているようです。

同じ内容を多くの人に送ったときに、スパムと判定されて使えなくなる確率がけっこうある、ということです。

文面、内容に関係ないこともあり、ここが厄介なところです。

 

さらに、一度アカウントを停止させられるとそのアカウントは再利用できないようです。

ビジネスとしてみると、顧客とのコミュニケーションが途絶えますから大ダメージですね。

ですから

注意が必要です。

この先、アルゴリズムの変化もあるかもしれませんが、基本的に、顧客とのコミュニケーションをラインアットだけに絞るのは危険です。

しっかりした基盤を作って、その次に顧客との距離を縮めるイベント告知的なかたちで使うのが、現状では安全です。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580

集客におけるLINEの強み。LINE@導入で使える機能。

ウェブにおける集客活動で、メール配信を使っているのはほぼ100パーセントでしょう。しかし、SNSの普及は、例えば「炎上」というような状態を起こすようになり、ネット社会の中でも非常に力、存在感を増して社会を変容させていきました。

現在、消費行動の大半はネットで完結する、と言われています。それはどういうことかと言うと・・・

 

誰かが何かを欲しいと思った時、どの商品を購入するか、他社との性能や価格の比較検討はどうするか、といったことは、ほぼネット内で済まされている、という状態です。それらの作業が済んだあと、実際にお問い合わせフォームから連絡があったり、サイトに掲載されている電話番号に電話されたりという行動のフェーズが訪れます。

 

だからこそ、起点から大半まで行われるネット内での消費行動で他社に引けを取らないようにがんばらないといけません。

 

では、そのためにすべきことは何か?それこそが、利用者の多いSNSでの集客活動・活用です。

 

WEB集客で解決すべき課題

 

人手不足

やはり、どこもマンパワー不足にあえいでいます。メール業務はそれだけでも時間をとられますから、コンテンツにまで気を配れないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

対象が集まらない

商品のセミナーや展示会などをやってもなかなか人が来てくれない、または目標人数に達しない、という声もよく聞きます。対象には魅力をちゃんと伝えられているのでしょうか。その前に、対象者とのコミュニケーションが一方的なお知らせにとどまっていないでしょうか?

 

メールアドレスのハードルが高い

会っていきなり「住所は?」と聞くことはありません。警戒されるからですね。同じように「電話番号は?」と聞くのも警戒されるでしょう。メールアドレスは、住所よりはハードルが低いですが、LINEほど低くはありません。なので、メールアドレスを教えてもらえない時にそなえて、コミュニケーションの窓口としてLINEが用意されていると心理的抵抗感やハードルを下げることができます。

ブロックすればいい、という安心感があるからでしょう。

 

 

途中でやめられてしまう

集客したはいいものの、その後の過程がうまくいかずに囲い込めず、離脱されてしまう。これも上記と同じく、コミュニケーション不足、または情報発信が足りていないなどの問題があります。こうなるとなかなか成約率があがってきません。強いフォローができるように工夫する必要があります。

 

LINEを使うメリットとは

では、実際どういった情報発信やコミュニケーションがこれから必要になるのでしょうか。

この記事ではLINEをおすすめします。そのメリットをあげてみましょう。

 

所持アカウントの数

メールは個人と会社など複数持っている方が多いです。ということは、興味が薄い場合にあまり使わないメールアドレスを教えられたら、その時点で今後のコミュニケーションが築けなくなる可能性が大きいですね。

しかし、LINEのアカウントをたくさん持っている人って、メールアドレスに比べるとはるかに少ないです。ここにコミュニケーションのきっかけがあれば、お客様との距離が近づくことはまちがいありません。

 

メッセージの開封率

これもLINEが強いです。メールって迷惑メールに振り分けられてよまなかったり、自分が迷惑メールにいれて以降の配信は読まなかったりしますね。仕事でもメールが多い人は、下の方に流れて行ってしまうともうわからなくなってしまったりすることが多いでしょう。しかし、ラインは、スマホの画面でアイコンのすみっこに赤い数字で未読が何件あるかというのが表示されますね。これは、気になって開けてしまう人はかなり多いはずです。未読・既読が相手にわかるという機能があるのもその後押しになっているでしょう。

結果、メールよりもはるかに高い開封率となります。

 

文章作成の手間

メールはビジネスシーンで使われることが多く、LINEはプライベートな会話で使われることが多いです。もちろんビジネスでもLINE活用のシーンはどんどん増えてきていますが、最初はそうだった、というくらいの意味です。

 

ここで大事なのは、上記のそれぞれの特徴によって、文章作成の手間が変わってくると言うことです。時候の挨拶などを抜きにして、とまではいかなくとも、かなり単刀直入な文章であってもLINEなら違和感を感じにくいです。加えて画面のレイアウトやデザインから、「ビジネスにそぐわない文章」というよりは「フレンドリーな文章」と受け取られることが多いです。これは対象との心理的距離を縮めるとともに、文章作成の手間が大幅に減ることを意味します。

長文のメールは推敲も必要ですが、LINEならその手間が省けます。効率化にも貢献するでしょう。

 

対象の潜在的ニーズ

メールだと、返信がなくても送り続けるしかありません。しかし、LINEは、ブロックされてしまえば、もう興味がないんだということがわかります。これをもって、他の対象者に注力jすべきだ、という線引きが明快です。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@(ラインアット)の使い方を知って集客・売上アップ

LINE@(ラインアット)について

LINEは、コミュニケーションツールとしては、現在のところかなり強力で利用者数の多いアプリです。

スタンプなどが好評だったこともありますが、親しみやすいデザインと既読機能の付加などによって、とても有名なツールとなりました。

そんなLINEが、個人間のコミュニケーションではなく、ビジネスパーソンや企業が情報発信するのに使いやすく、一斉送信も可能にした新しいツールがLINE@(ラインアット)です。

ビジネスユースですが、無料利用可能なプランもあります。

個人事業の方なら、すでに利用されている方もいるかもしれませんね。クーポンやポイントカードの発行が可能ですし、LINEと同じようにコミュニケーションツールとしても使用可能です。

飲食店なんかに、むいてるかもしれませんね。

集客を狙って、メルマガやFacebook、Twitterで宣伝、告知活動を行っている個人事業主の方は多いのではないでしょうか?

しかし、思うように、もしくは期待したほどには、集客ができていない。そんなふうに思われている方も多いのではないでしょうか?

そんな中で、新たな集客・販売促進ツールとして注目されているLINE。

特に、LINE@(ラインアット)というビジネス向けのアプリが注目されています。

 

 

「LINE@」アプリはLINEと別

まず、LINE@(ラインアット)を使用するには、「LINE@」というアプリをインストールする必要があります。

既に持っている通常のLINEアカウントとの連携すれば、LINE@を活用できるようになります。

 

ちなみに、年齢認証が必要で、18歳未満はアカウントを持つことができません。

 

LINE@(ラインアット)で何をするか

LINE@の強みを以下にあげておきます。

 

 

友だち登録した人とのトーク

普段LINEで使用するトークルームのように、普通に使うことができます。

しかし、それには自動応答メッセージの設定をオフにしておく必要があります。

自動応答メッセージは、これはどちらかというとビジネスに向いた機能で、何かメッセージが来た時に全自動で応答するメッセージを設定できます。

例えば店舗で、何を送られてきても、

「現在営業時間ではありません」などと返信する場合には使える機能です。

しかし、当たり前ですが、メッセージの内容には関わらず送信するだけですから、この機能をオフにしておかないと、普段のLINEのようにトークを交わすことができません。

 

自動応答モードをオフにしていると、友だち登録してくれた人が話しかけてきた際に「トーク」タブに相手の名前と内容が表示されるので、そこで返信して会話を始めることができます。

 

ちなみに、友だち登録されただけでは、個人を特定することはできませんが、もし、トークルームで話しかけられると、名前が表示されます。

その状態は、相手側がこちらを「友だち登録」していて、こちらが相手の名前を知っている、という段階です。

そこから、こちら側でも名前が判別した人を「友だち登録」しましょう。

そうすrと、LINE@(ラインアット)からでも、LINEと同じように好きな時に話しかけることができるようになります。

 

 

友だち登録した人全員に一括メッセージ送信

友だち登録してくれた人「全員」への送信機能です。

おとくなお知らせや、キャンペーンなど、全員に対して一括で広告するような場合に非常に便利な機能です。

一カ月1000メッセージまで、無料プランでも送信可能です。

ある程度の規模の企業なら少ないですが、個人事業ならまかなえることもある数字です。

料金を増やせばメッセージ量の上限も増やせます。

 

1人につき、1吹き出しなので、普段のLINEでのコミュニケーションのように、連投すると消費が早いです。

短文で要点をまとめ、なるべく一通で済ませましょう。

 

LINE@(ラインアット)はどう使う?

個人事業主にとっては、使いやすい機能がたくさん搭載されています。

店舗スタッフ、特にエステや理美容業界のスタッフには有利な機能が多いと思います。

特にLINEはコミュニケーションにおける心理的距離が近いことがメリットです。

スタンプなども活用して、積極的に活用すれば、ユーザーが持つ印象をよいものにしていくことが可能になります。

ブロガーやインフルエンサーも、LINE@(ラインアット)と積極的に活用して更新情報をお知らせすれば、閲覧される率は上がるでしょう。

LINEは未読、既読機能や、LINEのアイコンの角に表示される未読メッセージの数を見ると、無意識にあけてしまう人が多いです。

こういった特徴からも、コンテンツに来てくれる確率が上がると思われます。

メルマガや、SNSでの情報発信を流せば、訪問者数が増えるでしょうが、メルマガ自体より有益な発信になってしまうっかもしれません。

もちろn伝える内容の濃さ、深さ、文章や段落がどれだけ必要かによって、使い分けは必要になると思いますが、内容によっては開封率の高いメディアで、メルマガをしのぐくらいの集客ができるかもしれません。

今後も事例などを研究してアップしていこうと思います。

 

LINEで集客するメリット・デメリットとその解消法

集客であったり営業であったり、見込み客情報の管理であったり、という営業の多方面にわたって活躍するマーケティングオートメーションツール。

具体的に言えば、自社サイト訪問者のページ遷移やページ滞在時間などを蓄積して、並行してお問い合わせフォームやあるページを見たら自動的にメール配信する仕組みなどを構築。市場調査と営業活動の両輪を一括管理することで、購買意欲がある見込み客なのかどうかを判定し、そうでない場合は購買意欲を育成するコンテンツを配信することで、売上アップをねらうソフトウェアのことです。

マーケティングオートメーション機能紹介!導入メリットは?

 

全ての営業活動の最初で、新規顧客獲得が大事なのは言うまでもありません。

上記のマーケティングオートメーションツールであれば、サイト訪問者に無料コンテンツをダウンロードさせることで新規顧客獲得の一歩ともなりえます。

 

新規顧客はネットで獲得

消費行動の前半はネットで完結する。これは現在のビジネスの鉄則です。どういうことかというと、何かが欲しいと思った時、店舗や企業に問い合わせするよりも早く、消費者はネットで検索や情報収集して、性能やサービス、価格などの比較j検討を始めます。

 

営業マンの訪問や店舗での提案は、そのあとになるわけです。このことからも、新規顧客獲得はネットで始めるべきだということになります。

 

そして、このサイト訪問者に対しての提案なども、ネット内で済んでしまうことが多いです。例えばサイト内に設置してある無料コンテンツのダウンロード。例えば無料で登録できるステップメール。こういう手段を通じて、購買意欲があがっていくように育成していく必要があります。

 

性別や年齢層などだけでなく、どのくらいサイトを見に来ているかなどの行動パターンからも、見込み客の購買意欲の高低を推測していくことができるようになったのは、ネットの普及、さらにはSNSの普及でマクロミクロ問わず、いろんな規模の情報が自在に手に入るようになったからでしょう。

 

ここでひとつ新たな問題点が浮かび上がります。

 

ネットとひとくちに行っても、自社サイト、メール、SNSといろんな携帯があります。

消費者はそれらを自由に横断しながら情報を集めていきます。

であれば、必然的に、有力な情報発信はどこですべきかという疑問がわきますね。

 

LINE集客の強み

なんといっても利用者数が多いです。プラットフォームとしては有力ですから、集客やアプローチなどでLINEを使用することは大事な選択肢となりえます。

 

例えば、セミナーや展示会などを行ったとします。

この参加者限定で、おとくな情報を送りますよ、というときに、PCメールで送るのがいいか、LINEで送るのがいいか、といった時に、スマホの普及率やLINEの利用者数を考えると、LINEを選択肢に入れる必要性が実感していただけるのではないでしょうか。

さらには、LINEは心理的距離感が近いコミュニケーションというイメージがあります。

メールだと、ビジネスの現場では時候の挨拶などを入れる必要がある場合もあります。

ですが、LINEは画面分割のうえ、吹き出しで表示されるので、必然的に短文でのコミュニケーションとなります。

これが単刀直入な文章、ひいては心理的距離が近く感じられる印象となり、発信された側に心地よい印象がおこります。

もちろん、LINEというツールのデザインや色合い、スタンプなども、こういったことに大きく寄与していることでしょう。

 

そして、ブロックという事態もあります。

これは、マイナスですが、ある意味強みです。なぜなら、興味なしと判定された以上、その相手にリソースを注いでも、購入などの事態に至らない可能性が高いからです。

どのお客様に注力するかは、デジタルマーケティングが浸透した現在では重要な問題です。

 

 

LINEのデメリット

もちろんブロックは全面的に賛成できることではありません。

そして、短い文章だけで伝えづらい問題もあります。

例えばマニュアル的な文章やFAQ集などは、あまり適しているとはいえません。

 

 

LINE集客のデメリット解消

 

長文でしかつたえられない内容のときは・・・

LINEでいうなら、タイムラインに投稿するのも手です。

タイムラインなら、写真つきであるていど長い文章を伝えることが自然なレイアウトとなっています。

Facebookto似たレイアウトになってますから、LINEより長文向きというのは納得していただけると思います。

画像と長文で訴求ポイントを余すところなく表現していきましょう。

通常の吹き出しの画面では心理的な距離が近く感じるようなコミュニケーション、ここぞというところの自己表現や訴求はタイムラインにするのもいいでしょう。

もちろん、Facebookwo使ってリンクさせるのもいいですね。

コミュニケーションと表現の両輪で閲覧者にインパクトを与えていきます。

そして、メールでもフォローすることが大事です。

やはりLINEだけでなく、メールでも発信しましょう。1から10まで全てLINEで完結するケースは少ないです。

集客やコミュニケーションという意味では強いLINEですが、強力な説得力を持たせるには、メールなども必要になってくるケースがあります。

 

メールとLINEの両輪で集客、営業していきましょう。

====================

<<全機能使えて最安値!最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580

LINE@集客で売上アップに効果的な方法

数あるSNSはコミュニケーションツールとして得手不得手があります。具体的に言うと、コミュニケーションが行われる画面デザインの違いによって、会話や感情表現の質が変わってきます。

ビジネスにおける、LINE@での効果的な情報配信のあり方とはどんなものでしょう。

コミュニケーションのあり方によって情報発信のあり方が変わりますので、集客には大きな要素です。

どういったコンテンツ発信が閲覧者の興味をひくのでしょうか?

 

閲覧者の心に響くような情報

LINEはより心理的距離感が近いコミュニケーションがその特徴です。

閲覧者が思わずレスポンスを投げてしまうような情報であり発信のしかたを考えましょう。

具体的に言うと、短い文章で疑問形を多用します。

スマートフォンでの使用が多いので短く文章を区切るのと、説明しすぎずに済ませることで想像力を掻き立てるためです。

疑問形は、閲覧者がいちど自問してしまう形式ですから有効です。

ネットニュースの見出しなどを参考にしてみるのもいいと思います。

しかし長文でしかつたえられない内容もありますね。そんなときは・・・

 

LINEのタイムライン投稿

LINEもFacebook的なレイアウトのタイムラインがあります。そちらであれば、会話形式ではない、もう少し自己表現に適したスタイルの表現ができます。画像と長文で訴求ポイントを余すところなく表現していきましょう。

コミュニケーションと表現の両輪で閲覧者にインパクトを与えていきます。

 

LINEでの情報発信はいつやるか

 

もちろん、閲覧者がスマートフォンを使用する時間帯であるのがいいです。

時間がたてばたつほど情報は後ろへ流れていきますから、鮮度が落ちていきます。

だいたい、一般的な方々を対象にするなら、以下の時間帯がおすすめです。

7時〜9時(通勤時間)
12時〜13時(昼休憩)
18時〜20時(帰宅時間)
22時〜24時(就寝前)

帰宅ラッシュの電車内がいちばんホットな時間帯です。

動揺に通勤時間帯としては朝もおすすめですね。

配信してみてのトライアンドエラーもあるでしょう。例えば月曜日よりは金曜日、学生がターゲットなら放課後やゴールデンタイムの時間帯、主婦がターゲットなら昼間で、ランチタイムより後など、実際配信してみて効果を測定しましょう。

閲覧者層にもよりますが、深夜はなるべく避けましょう。通知を鳴らす人も多いので、ブロックされる原因になりやすいです。

 

配信の回数はどのくらい?

通知する度に閲覧者のスマートフォンが鳴るケースがほとんどでしょう。

電話にとって代わりそうなくらいのメディアですから、通知を切っているユーザーは少数派でしょう。

日に1から、多くとも3回程度、深夜の情報発信は避けるのが無難です。

 

LINEメッセージの冒頭でインパクト

メッセージの冒頭に興味を引くキャッチを入れましょう。スマートフォンのロック画面前の表示などでも読める量で、興味を引くキャッチです。一瞬で、違和感を覚えさせたり、自分に関係ある情報だと思わせたりすることで、未開封を避けて、有効にメッセージを伝えます。

あまり時候の挨拶などから入らなくても問題ありません。マナーはもちろん大事ですが、LINE使用においてはあまり神経質になりすぎないように気を付けましょう。

ビジネスシーンでメールマガジンなどを作成している方は、開封してもらえるタイトルをつけるよう考える習慣があると思います。

そんな要領で、キャッチや文章を考えましょう。

 

LINE@でやるべきではない発信

あからさまで頻繁な、マーケティング感が強い情報発信は避けましょう。

ブログでのステルスマーケティングが問題になったように、距離感が近いゆえに、関係ない話題のアフィリエイトリンクなどはかなりのイメージダウンです。

距離感が近い中で、あきらかに広告のためだけのアカウントとみなされるとブロックされてしまいました。

コンテンツを発信するときは、閲覧者の気持ちを大事にしましょう。

 

電話番号は半角数字を入れる

メッセージ内にある電話番号は半角数字で入れます。それによって自動的に電話番号であると認識し、リンクがうまれ、番号をタップするだけで電話発信が可能です。

 

LINE@で成果を出すポイント

いかに多くの顧客に「友だち追加」をしてもらえるかです。

この点において、情報発信のタイミングや頻度、あからさまな商売目的で閲覧者に近づくことはNGです。

距離感の近さをビジネスに利用するわけですから、きちんとイメージを守っていかなくてはいけません。

炎上という問題はSNSにおいて大きなパワーがあります。ネットが普及し、かつSNSが席巻してから頻発するようになったことで、きちんと対処していかなくてはなりません。

よいコミュニケーションを築く必要があるのは、どんなビジネスでも同じです。

目標としては、1000人。これだけの友だち獲得ができれば、大きな成果につなげやすくなります。

 

LINEで集客?ツールや売上アップ効果を狙う!LINE@登録まで!

最近のコミュニケーションツールとしては最も存在感が大きいのがLINEですよね。

この勢いを使って集客に活かせないかと考えている人も増えていることでしょう。

現在考えられているLINEの集客方法をお伝えしていきます。

 

LINEで集客可能か?

確実に成果が上がると噂のLINEを用いた集客方法。考えて見れば、LINEは現在日本で一番利用者数の多いSNSです。多くの方が集客ツールとして利用するのは時代の流れとして当然と言えますね。

その特徴としては、「気軽」「スタンプなどで感情表現がしやすい」「手軽」「既読がつくかどうかで反応がわかりやすい」などが合が得られると思います。

これらの個性はPCでメール交換するなどとはちがうフィーリングをもたらします。

ビジネスの現場と、日常的なコミュニケーションでは、言葉づかいが異なりますよね。

メールでは冒頭に少し堅苦しい挨拶を入れたりします。一方、LINEでは、もう少し直接的に話題から初めても、そんなに無礼な印象を与えないでしょう。これはLINEの画面レイアウトで、吹き出しが連なるデザインとなるため、あまり長々とした文章が適さない感覚を使用者が持っているためでしょう。

 

LINEは、相手との距離感を近く感じさせます。もともと、そういったコミュニケーションツールであり、使用者増加にともなってビジネスシーンで使われるようになったことを思えば当然ですね。

しかし、メルマガなどの代表的な集客やコンテンツ発信をしてきた人は、LINEのビジネス使用がどういったものかイメージをつかみにくいのではないでしょうか。

LINE社が提供しているツール、「LINE@」を使えば、それはぐっと容易になります。

 

LINE@で集客できる

SNSは良く知られているものだけでも、いくつかの種類があります。

Facebook、Instagram、Twitterなど、聞いたことがない、という人はおそらくいないでしょう。

LINEもこれらのSNSの1つです。強みとしては、何と言ってもその使用率の高さです。

SNSを集客で使うのは当然の時代ですが、いちばん考えなくてはならないポイントは、あなたの会社のビジネスのターゲット層がどんなSNSを利用しているかです。

LINEは使用者が多いですし、年齢別で利用を見ても幅広い層があります。ビジネスターゲットとなる人が、他のSNSと重なるとしても、多く存在している可能性が高いわけですね。

ビジネス、会社ではFacebookwoを使い、日常的にはLINEを使う。こういったケースも多いでしょう。ですが、Facebookno更新をツイッターでもお知らせするように、きちんと分けている、分けるべき、というケースは少ないです。

むしろ、Facebook窓口よりも距離感が近く感じられるため、より心情に訴えやすいツールと言えるでしょう。

 

LINE@インストール方法

①LINE@アプリは、iPhoneなら「App Store」で、Androidなら「Playストア」から入手しましょう。

②インストール完了後にLINE@を起動&ログインします。

ログインIDとパスワードは個人LINEのログインIDとパスワードと同じで大丈夫です。

 

③次に、LINE@アカウントの名前を入力します。ビジネスで使用する場合は、閲覧者が認識しやすい名前で入れます。

業種や店の名前と考えるとわかりやすいでしょう。その後、主業種・副業種を入力します。名前と同じく関連するカテゴリーを選択してください。

 

④閲覧者へのアイコン画像を準備して選択します。メインの商品画像でもいいですが、距離感が近いコミュニケーションツールのビジネスしようということを考えると顔写真がおすすめです。

 

⑤最後に、アカウントの作成」ボタンをタップします。

サービスや情報利用の規約にOKを選択すれば終了です。

 

設定おすすめポイント

友だち追加時あいさつ
LINE@に登録されると自動で閲覧者に対して通知されるメッセージです。

「友だち追加時あいさつ」を選択します。

初期設定のメッセージが表示されるので、メッセージを長押しして、削除を選びます。

黒い吹き出しが表示されるので一番右の「削除」を数回選択します。

新たにメッセージを入力して、閲覧者がわかりやすい文章かどうかチェックして「完了」を押します。

 

応答モード

応答モードとは閲覧者と1対1でのメッセージをやり取りする機能です。

「自動」から「手動」切り替えておきます。

「応答モード」を選択して「1対1トークモード」をONにしておきます。

 

位置付け

LINEは1対1に強く、距離感を近づけますが、LINE@はビジネス想定ということもあって、1対多に対応しています。

 

複数への同時に情報発信という観点からなら、メルマガのLINEバージョンと考えてもいいでしょう。

 

LINE@集客の強み

操作が簡単で、閲覧者との心理的距離感を縮めやすいです。

絵文字やスタンプを多用して良質なコミュニケーションを作ることだってできます。

さらにLINE自体の登録者、利用者の多さも基盤としては非常に有力です。

メールとちがい、既読という機能がついていますし、アイコンの横に未読の赤いカウント数字が出るとついクリックして開けてしまうのも強い個性です。未読や開封なしというような、メルマガでありがちな事態は起こりにくいです。