【戦略設計をチェックするポイント】

【戦略設計をチェックするポイント】

戦略設計をチェックするポイント

WEB集客戦略を設計していく中で、その戦略をチェックすることが
常にWEB集客の戦略を新しいものにし、柔軟に対応できる状態が望ましいと
言えます。

もちろん大きな基礎となるもののブレが無いようにチェックすることも兼ねています。

会社のビジョンや現状の最優先課題、体制などをしっかり考慮にいれ、
優先課題からはずすという作業も必要です。
ゴール(目標)を立てたときに戦略の中身を「選択」し「集中」させることができるように行いましょう。

戦略が完成する際、実際に行動を移すメンバーに戦略を説明しましょう。
説明した時、メンバーが100%理解できているかを確認しましょう。
その為にはシンプルで誰が読んでも解りやすくすることが必要です。
理解できていいないまま行動に移したときにズレが生じることが起きるからです。

実際に関係者がやる気を持って行動しなければいけないので、
しっかりと戦略を納得してもらわなければなりません。
そのためには熱意をもって戦略を立てていく必要があります。

 

最後に戦略設計をチェックするためのポイントをまとめてみましょう。

  • WEB集客の役割を書き出せているか
  • 自社の強みを明確に出来ているか
  • お客様視点で見れているか
  • ゴール(目標)は確定したか
  • 定期的にチェックする仕組みは出来ているか
  • 「選択」と「集中」はできているか
  • 戦略は誰でもわかるようにしたか
  • 関係者をやる気にさせる熱意はもっていたか

ゴールを達成する為の戦略設計です。
しっかりとチェックして達成できるようにしていきましょう。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/
 

【カスタマージャーニーマップ】

【カスタマージャーニーマップ】

【カスタマージャーニーマップ】

カスタマージャーニーって?

カスタマージャーニーとは、ユーザーがどのように商品、サービスやブランドとの接点を持って認知し、関心を持ち、購入や利用、登録に至るのか、というプロセスを旅に例えた言葉です。

カスタマージャーニーマップは、サービスとユーザとのやりとりを特徴づけるさまざまなタッチポイントを表現することにより、ユーザのサービスプロセス(カスタマージャーニー)を見える化したものです。

カスタマージャーニーマップを描くことにより、サービスを利用するユーザの行動文脈をプロセスを追って「見える化」することができ、またそこにユーザの思考や感情を書き出すことでよりよいユーザ体験を俯瞰的に考えることができます。

カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーにマップで必要な項目はいくつかあります。
目的や想定するペルソナによって変わる場合もありますが、最低限の項目を紹介していきます。
カスタマージャーニーを描くのは一人ではなくメンバーで行いましょう。

  1. ステージ/フェーズ
    →横軸をステージを順序配置
  2. ユーザーの行動
    →それぞれのステージでユーザがどのような行動をするのか
  3. ユーザー思考
    →起こした行動はどのような思考で起こしているのか
  4. アクション
    →起こした行動に対して自社がとるべきアクションを書き出します。

仮説ではなく実際のターゲットを考えていくとよりリアルなカスタマージャーニーマップが出来上がってきます。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/
 

 

【ベネフィットを考える】

【ベネフィットを考える】

Webマーケティングを行っていく上でも通常のビジネスでも
WinWinの関係をもって商品・サービスの売買を行っています。

 

その際に、お客様が購入された商品から得られるメリットのことを
ベネフィット】といいます。

すなわち、課題や悩みに対する解決策がベネフィットといえます。
お客様は購入した商品を買っているのではなく、商品を使って
満足をしているイメージを買われているのです。
その満足しているイメージがベネフィットです。

例えば、野球好きのあなたはスポーツ用品店に行きます。

野球のバットを見ているのですが、スター選手モデルが目に入りました。

好きなスター選手モデルなので、迷っているところに、
店員さんが、「○○選手のモデルです。これ、『飛びますよ!』オススメです。」と言われました。

そこであなたはきっと「このバットでホームランを打っている自分を想像するのではないでしょうか。」

 

そして、「欲しい。購入しよう!!」となり、購入しました。

もちろん、好きなスター選手のバットだから購入しましたが、
最終決断するとき、【頭の中には自分が使ってホームランを打ったイメージ】でした。

自分が購入したバットで活躍するイメージ」がベネフィットになるのです。

自社のホームページでもその商品を購入してもらうことで、
お客様に課題や悩みを解決できる商品イメージを持たせることが大切です。

自社の商品はいったいどのような悩みの人が解決するために購入するのかを
見直してみることもホームページの集客につながっていくことでしょう。

 


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

【ワイヤーフレームでまとめよう】

【ワイヤーフレームでまとめよう】

前回、【導線設計を組み立てる】でどのようにホームページを
見てもらうのがいいか導線を考えました。

ではその導線をどのようにホームページに組み込んでいくのか?
ワイヤーフレームを使ってイメージしていきましょう。

ワイヤーフレームとは、簡単に言えば「何を・どこに・どのように」が記載された「サイトの設計図」です。

ホームページ制作する際にサイトの要素や機能などの必要情報を
設計図に配置して、ホームページ上で実際におかれる場所の認識を確認をするためのものです。

ワイヤーフレームは先ほどから書いているように設計図みたいなものです。担当が変わった時や、何をしないけとけないかなどを見てわかるものを残しておく為に存在します。
(ぶれないようにする為のものでもあります。)

ワイヤーフレームは
ワイヤーフレーム

ざっくりどの場所にどの項目や内容が入るであろうから作り
もう少し細かくメニューの項目を入れていったりしていくことで
イメージがでてきます。

ですが、なぜこの場所にこの項目を置くのか?
ここに押してもらいやすいようにボタンを置きたいなど
実際に導線設計でイメージした場合ホームページを見たときに
どの場所にメニューの配置がいいのか、バナーがいいのか?
なども考えて作っていきましょう。

クリック


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客戦略に強み把握は必須ですよ!!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

【導線設計を組み立てる】

【導線設計を組み立てる】

前回、【ホームページのコンセプト作り】にて、
ホームページのコンセプトを考えました。

強み、弱み分析は出来ましたでしょうか?

コンセプトがまとまりましたら、
最終目標を決めましょう。
・○○商品を購入してもらう
・お問い合わせをもらう
・メールマガジンに登録してもらう
・資料をダウンロードしてもらう
・予約をしてもらう

など目標はたくさん出てくるかもしれませんが、
まずは一つに絞りましょう。

みちしるべ

 

例えば…
・お問い合わせをもらう
にしてみましょう。

では【お問い合わせ】とはどんなお問い合わせでしょう?
何に関するお問い合わせだったらいいですか?

商品の使い方?
商品の見積もり?
クレーム?

お問い合わせの内容も様々ですね。
例えば、商品を「3C分析」とした
3C分析の見積もりだったとします。

自分だったらどのタイミングなら3C分析の見積もりをしますか?

トップページからいきなり3C分析の見積もり問い合わせしますか?
会社概要のページから3C分析の見積もり問い合わせしますか?
お知らせのぺーじから3C分析の見積もり問い合わせしますか?

やはり、見積もりして欲しい3C分析の紹介を見ているときが一番
見積もり問い合わせに行くことが多いのではないでしょうか?

もちろんトップから見積もりに行くこともあります。
(会社と商品名を知っている前提ならば。。)
他のページも同等ですね。

最終的にはどのページにも問い合わせボタンを置くことは
いいと思います。

が、一番したいのは3C分析の紹介をして「強み弱み分析」で出てきた
3C分析の強み、自社の強みを見てもらい、
納得させて3C分析の見積もりフォームへ誘導することです。

 

これが導線の設計です。

お客様の導線イメージ
トップページ ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

これがベストな導線イメージですね。

 

3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

検索で商品ページが最初の場合はトップぺージが省かれますね。

 

では他に考える導線は
トップページ ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ
トップページ ⇒ お知らせ ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ
トップページ ⇒ 会社概要 ⇒ 3C分析の紹介 ⇒ お見積りフォーム ⇒ 問い合わせ

と出てきますが、これはまだどのコンテンツを作るかを決めてから
導線は追加していきましょう。

因みに今回使いました3C分析は「3C分析」という言われるマーケティング手法です。

 

ファーストメーションでは、これまでに培った独自の「コンセプトメイキング」手法により
企業の強みを明確にし導線設計を行っています。


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客戦略において強み把握は必須ですよ!!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【ホームページのコンセプト作り】

【ホームページのコンセプト作り】

前回、【競合他社との差別化】を行いましたが、
自社の強みを元にホームページではどのように
アプローチしていくかを考えます。

このホームページのコンセプト作り
ホームページを運営していく上で欠かせないものです。

このコンセプトを元にお客様との関係をより良いものにし、
ウェブマーケティングを推し進めることが出来ます。

 

sample_21051111

ではホームページを作っていく時に注意することや考え方を
見ていきましょう。基本を理解することが一番の近道です。

・自社の販売してく商品は何か?
・誰に何をどう売りたいのか?
・競合他社はどれだけいるのか?
・強みはどれだけあるのか?

この4つの課題をさらに考えていきましょう

・自社の販売していく商品は何か?

⇒商品はものなのか?情報なのか?
⇒企業相手なのか?消費者相手なのか?
⇒誰がどのように使うものなのか?
⇒出回っている商品なのか?
⇒価格は妥当なのか?

・誰に何をどう売りたいのか?

⇒企業相手なのか?消費者相手なのか?
⇒ターゲットが誰なのか?
⇒小ロットで購入させるのか?
⇒パッケージで購入させるのか?
⇒販売方法をどうするのか?

・競合他社はどれだけいるのか?

⇒他社製品はどのようなものか?
⇒他社の価格は高いのか安いのか?
⇒性能はすぐれているのか?
⇒競合は何社あるのか?
⇒競合の販売方法はどのようなものか?
⇒競合の商品は売れているのか?

・強みはどれだけあるのか?

⇒競合他社の強みは何なのか?
⇒競合に勝っている点は何なのか?
⇒競合に負けている点は何なのか?
⇒自社の強みは維持できるのか?
⇒顧客目線から見て強みは魅力的なのか?
⇒強みを顧客目線に落とすとどのように見えるのか?

このようにチェックしていく点は多いのですが、
しっかりとまとめていくことで、市場において
どのようなターゲットでどのように販売してくのか。
実際にある問題点はなにか?など
商品を売っていくコンセプトがまとまってきます。

このコンセプトを元にホームページを作っていきましょう。


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客戦略において強み把握は必須ですよ!!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

【競合他社との差別化】

【競合他社との差別化】

【自社の強みを理解していますか?】では
自社の強みを理解する方法をご紹介しました。

そこでご紹介させていただいた【自社の強み発見シート】はご利用になられましたか?
もし、まだでしたらご利用は無料ですのでお使い下さいませ。

 

sample211109_2

それでは自社の強みを理解したところで、
その強みは競合他社にはない強みなので御社の強みになるわけですが、
他社は御社の強みに勝てません。

競合他者と比較して、御社にしかない独自の強みが
他社との差別化を図れる武器になるのです。

お客様は差別化されると良いものに誘導されます。
ただ、差別化といってもお客様に有益ことが差別化されていないと
お客様は見てくれません。
御社の強みをお客様目線から見たときにどのように
映るでしょうか?ここを抑えておくことが重要です。

 

この御社にしかない強みをお客様目線でアピールして、
強みをお客様に響かせることで、
他社との優位性を表現し、お客様からの信頼を得て、
市場シャアを拡大していきましょう。


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?
WEB集客戦略において強み把握は必須ですよ!!

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

 

 

 

【自社の強みを理解していますか?】

【自社の強みを理解していますか?】

マーケティングの世界で重要なことは「戦略」」です

その「戦略」においてもっとも重要なことは

・自社の強みを理解する

ということです。

よく、インタビューさせていただく時に
「御社だけの強みはなんですか?」という質問に対し

「安さです!」
「社風です!」
「商品力です!」

とおっしゃる経営者様が多いのは事実です

「安さ」と強調すれば、もっと安い企業もあるかもしれません
「社風」に人がいいなどは、どこでも言っている言葉でもあります
「商品力」も他社はもっと素晴らしいかもしれません

マーケティングの世界で大切なことは

・競合他社と比較して、御社にしかない独自の強み

がもっとも重要です

「独自の強み」にお客様が惹かれるのです

この「独自の強み」の強みを答えることができない会社が大変多いです

ということは、あなたの会社やあなた自身が「独自の強み」を
きっちりと分析し、まとめあげれば最大のチャンスが舞い込みますね

だった、競合他社のほどんどはその「独自の強み」を理解していないです

「独自の強み」を明確に打ち出して
その「独自の強み」をホームページで書き出したり
動画で演出したり、
パンフレットのキャッチにするのです。

 

経営コンサルタントが行う「SWOT分析」という手法があります

外部環境や内部環境を
強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の
4つのカテゴリーで要因分析し、
事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つである

(ウィキペディア参照)http://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E%90

 

「SWOT分析」を行うことで企業の独自強みを明確にしてきくことが大切です

ただ、「SWOT分析」もなかなか難しく、経験や知識がなければ一人ではできません

ファーストメーションでは「経営戦略SWOT」を申して
WEB戦略に欠かせない、独自「SWOT分析」をご用意しております

ご興味のある方は是非、お問い合わせください

 


【ファーストメーションチャンネル】はコチラをクリック!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 

ーーーー社員300名以下WEB集客マーケティング専門ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/