ウェブマーケティング担当者の よくある、あるある話②

自社のホームページはあるけど、
サイトが作られた経緯や目的を誰も知らない…。


■このホームページは、何の為に存在しているんだろう・・・

自社のホームページでもそこそこ長く運営されているウェブ担当者になったので、
「このホームページはどんなサイトですか?」とウェブ担当の先輩に聞いても
「うちにもホームページがいると思って作ったんじゃない?」と
回答になっていない返答。。

このように目的があったのか無かったのか解らない状態で運営されている
ホームページをたまに見ることがあります。

このように目的が希薄なまま、誰も疑問を持たずに運営され続けているサイトがたまに
あります。しかしながら目的があったからホームページは存在しているのです。
自分が担当になったホームページの目的ははっきりとさせて、目的に沿って運営していきましょう。

■ウェブサイトの種類を理解していますか?

ウェブ担当者が関わるホームページは、用途にあわせて区別されます。
大まかには次のようなに種類分けされます。

①コーポレートサイト

顧客や取引先、投資家などに向けた、自社の会社概要や事業内容、商品案内、IR情報、採用情報などの
会社の情報を伝えることを目的に持つホームページです。

②プロモーションサイト

新商品やブランドなどをユーザーに広く訴求する広報を目的としたホームページ。
キャンペーン情報や新卒採用情報などの期間を限定して公開するものもプロモーションサイトにあたります。

③ポータルサイト

ニュース情報や役立つ情報を配信しているポータル(玄関)となるサイト。
特化した情報を扱うので、多くのターゲットがアクセスしてきます。
プロモーションサイトへの誘導やサイトに掲載する広告収益を目的として使われています。

④ECサイト

商品やサービスを販売するサイト。「オンラインショップ」や、「ネットショップ」とも呼ばれています。
インターネット情報のお店として、売上や利益に直結する事業性の高いホームページです。

⑤SNS

facebook、Twitter、インスタグラム、LINEなど
ソーシャルネットワークを使ったコミュニケーションサイトです。
販売促進や口コミの活用として使われることが多いです。

 

■目的に合わせてホームページの機能を充実

ホームページは次のような「機能」をつけることができます。
目的に合わせて「機能」を複数組み合わせて実装しているのが一般的です。

・全文検索

ユーザーが入力したキーワードでホームページの情報を探しやすくする機能。
コーポレートサイトやポータルサイトなど情報が多いコンテンツで使われることが
多く見られます。

・入力フォーム

「お問い合わせフォーム」が一番良く使われています。ユーザーが送信した情報を
メールで受け取る機能で、「資料請求」や「各種申込」などにも使われることが多いです。

・会員登録、マイページ

ユーザーの氏名や住所などの個人情報を管理する機能です。
ECサイトには必須の機能で、アカウントでのログインが一般的です。

・デバイス最適化

パソコン、スマートフォン、タブレットなど、複数のデバイスで最適な見た目に
ホームページを表示する機能です。多くのホームページで実装されています。

・SNS連動

「いいね」ボタンや「シェア」ボタンなどホームページを広めるために設置された
機能です。商品を「いいね」してもらって広報をより簡易に行うことができます。

まだまだ機能は多くあります。あなたの担当するホームページに使える
機能があれば使ってみましょう。
しかし、あれもこれも機能を入れすぎて方向性を見失わないようにしてくださいね。

■自分のウェブサイトを理解しましたか

ウェブ担当になったからには、まず自社のホームページの目的を
把握して、その目的に向かっていろいろな機能を導入したり、
ホームページを更新しながら、目的が解らないなんて
ならないように運営していきましょう。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580

ウェブマーケティング担当者の よくある、あるある話①

「え!?今日から担当者?WEB担当者!?
全然詳しくないんですが…。」


■ウェブ担当者って、やったことない未経験者が多い?

知らない業務を行っていくというのは、右も左も解らないわけで
何からやれば・・・と緊張どころか不安ばかりで勇気がいることです。

ちょっとパソコンが詳しかったり、するだけで
「明日から、WEB担当者ね。」って言われたり。。
もちろん初めての人は知らないことがたくさんあります。

業務としてウェブに携わることになった経緯は人それぞれですが、
違う部署からの異動や同じ部署内でホームページを運用することに
なったから担当するようになったりもあると思います。
そんな急にウェブ担当になった人が経験したあるあるな事、
聞いた話や、じゃあウェブ担当になったらどうしたら
いいんだろうと悩んでいることをご紹介していきます。

①インターネットに詳しいから「ウェブ担当者」

これ、結構多かったようです。インターネットが普及しだして
ずいぶん経ちますが、やはり、インターネットを知らない上司や
解らない人にとって少しでも知っている人は、心強いのか解りません。
人より知っているので担当に任命される確率高かったようです。
今ではネットビジネスの有効性も認知されているので、チーム化されたり
それぞれの役割が分担されているようです。

②ホームページが作れるから「ウェブ担当者」

①に近いですが、ホームページを作れると、他の事も
出来るのでは?という風に思われているパターンもあるようです。
もちろん今でこそマーケティング論がついているので、
事業としても計画的に運用されるのですが、
昔は

1自社でホームページ無い
2社内で作れる人がいる
3会社として作らないといけない
4作ってもらう→そのまま担当者へ

となっていたようです。

③新しく部署を作ったので
新入社員など若手は機械が苦手じゃないから

今はスマホを使っていろいろしている学生が多いので
ほとんどないでしょうが、以前は 「PCが触れる=機械に強い」
で担当者になった人も。。

今でこそありませんが、共通して言えることは
インターネットビジネスは今からの時代ににおいて必須の認識はあるけれど
とりあえずコーポレートサイトを立ち上げたいので
社内の人材として少しでもネットに近い人(知識のある人)に任せたい。
という背景があったようです。

しかし今では「ウェブ担当者」として
会社の顔の一つであり、大きく売り上げに貢献する武器として
運用していかなければなりません。
そのためには何をしないといけないのかを考え準備しましょう。

【1、自分が受け持つ守備範囲を確認すること】

これは企業の規模や所属している部署によってウェブ担当者の役割が
変わってきます。どうして変わるのか?

大きな企業では部署ごとに担当者いる場合があります。
例えばコーポレートサイトの場合、
・企業情報やIR情報などは → 広報部
・商品の紹介や商品PRなどは → 宣伝企画部
・採用情報 → 人事部
という風に各「項目」で受け持つページが変わってきます。

自分の所属している部署はどこを担当するのかを確認するのがいいでしょう。

※もちろん、企業の大きさも様々なので、全てにおいて全部担当だったという可能性もあります。

全体的にウェブを展開する部署だったりすると話しが変わります。
システム部門やマーケティング部門、最近ではSNSを専門とする部署もあるそうです。
社内のウェブに関する業務を取りまとめる部署もあるので
部署は何を担当するのか?自分は更新作業を行うのか?
メールの配信や広告発注など、どの部分を担当するのか
自分の仕事内容をはっきりとさせておくことが重要です。

【2、自社サイトを一度鳥の目でよく観察する】

自分のやらないといけない仕事内容が解ったら、
一度、自社のサイトがどのような情報を配信しているのかを観察してみましょう。
自社サイトのウェブ戦略を把握する上で、全体として何を目的にしているのか。
その中で自分の守備範囲はどう運用されているのかを理解しましょう。

ホームページは企業の業績や価値を大きく左右するほどの影響力を持つ
「メディア」として認識されています。
一人のウェブ担当者の守備範囲で、すべてはまかないきれません。

自社の情報を求めるユーザーは全世界に存在し、どの経路からサイトにアクセスされるかわかりません。
それぞれのユーザーに適切な紹介ページを用意して、目的の情報へ誘導することが重要です。
かといって、サイトは多ければ多いほどいいわけではなく、ユーザーがアクセスしてこなければ
まったく意味がありません。いつまでも古い情報が掲載されている状況は企業にとって
リスクが高いですし、サイトの運用コストが余計な負担としてのしかかってきます。

ウェブ担当者は、自社サイトの全体像を把握した上で、自分の守備範囲をこなす。
それがウェブ担当者としてのチカラになってきます。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580

【リピーターとファンの違いを理解しておくことが良い理由】

【リピーターとファンの違いを理解しておくことが良い理由】

リピーターとファンの違いを理解しておくことが良い理由

ホームページを何度も利用していただくお客様において、
2種類の呼び方が存在します。それはタイトルでも記述しているように、

「リピーター」と「ファン」です。

では何が違うのでしょうか?
もちろん、同じように自社サイトに訪れてくれていることは
間違いではありません。
同じように商品も購入してくれていることでしょう。
この違いを理解してくことが今後のWEBを運用していく上で大事な事です。

「リピーター」とは?

何度も何度もホームページを利用してくれる顧客で、
商品を何度も購入していただける上顧客のことですね。

それでは「ファン」とは?

リピーターと同じように何度もホームページを利用してくれ、
商品を購入してくれているだけではなく、
企業の理念に賛同して、応援してくれる優良顧客のことです。

この違いは、企業の想いをしっかりと
理解してくれていることなのです。

ただの「リピーター」は、一つの商品を気に入って
使い続けてくださっているだけなので、取り扱っている商品が無くなったり、
商品が気に入られなくなった際、離れていく可能性があります。

「ファン」においては企業の想いを汲んでくれているので、
商品に対して評価が甘くなりがちではありますが、
しっかりと改善点について意見を伝えてくれるよりよいお客様なのです。

このように「リピーター」と「ファン」の違いを理解することで、
新規顧客をリピーターに、リピーターをファンに育てて運用していくことが、
企業にとってもホームページにとってもプラスになっていくことになるのです。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【アフィリエイト広告を活用した集客手法】

【アフィリエイト広告を活用した集客手法】

アフィリエイト広告を活用した集客手法

アフィリエイト広告って?

「アフィリエイト広告」とは、企業が仲介業者を通して「自分のサイトに広告を掲載したい」と
希望される一般のユーザーが指定のバナーやブログ記事の企業広告を掲載させる、
企業広告の事を「アフィリエイト広告」といいます。

特徴として、

一般ユーザーが自分の載せたい広告を選んで掲載することができる
企業側が設定したアクションが起こらなければ費用はかからない
低価格で掲載されれば幅広く広告が出せるのが特徴です。

他の広告媒体と違い、「商品購入」、「問い合わせ」など企業側が事前に設定した
アクションが掲載されたサイトを経由して行われなければ、費用が発生しません。
クリックだけでは広告費用が発生しないので、低価格で幅広く広告を出せるのです。

ユーザーは報酬を受け取る為に自分のサイト内で掲載位置を工夫してくれて、
ユーザーがアクションを行いやすくしたり、検索の順位にも影響したりするので、
認知度向上には良い広告です。

しかし、
目的に見合った報酬の設定や企業からのサポートがなければ、
広告掲載に興味をなくし、ユーザーに選ばらないので一向に広告掲載されない
場合もあるので注意していきましょう。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【リスティング広告を活用して集客を図る】

【リスティング広告を活用して集客を図る】

リスティング広告を活用して集客を図る

リスティング広告って
「リスティング広告」は、検索エンジンでキーワードが検索されたときに指定された広告が表示し、
クリックした分だけ料金が発生する「クリック課金システム」を採用されたWEB広告です。

クリック課金システムなので、広告費を無駄に使ってしまうことがありません
広告掲載についても表示させたい「キーワードを指定して入札する」という仕組みなので、

・ターゲットをイメージしやすく、ターゲットに合わせた「広告タイトル」や「テキスト」を考案出来る
・リスティング広告から訪問してきたユーザーは「今すぐ客」とも言えるので、アクションをさせやすい。

というメリットがあります。
他にも効果測定ツールを使って、費用対効果の検証を行ったり、
管理画面で入札金額や広告文の改善ができるのも運用面で魅力的です。
リスティング広告の利用は、以下の運用に最適です。
・自社ホームページへの誘導強化
・WEB広告のコスト削減
・費用対効果が分かりにくい広告を使いたくない
リスティング広告においての運用注意点

リスティング広告をより効果的に運用するには、以下の注意をチェックしてください。

■定期的な見直しを行う
リスティング広告は効果測定ツールを使えば、コンバージョン率やクリック数など詳細なデータが取得できます。
データを基に定期的な見直しをして、より効果の出るように改善してください。

■入札金額設定にもひと工夫
リスティング広告の入札金額を設定するときは、キリのいい金額「100円」ではなく、「108円」などわざと「端数」にしましょう。
通常キリの良い数値を入れられることが多いので、入札が有利になることがあります。
■インプレッション数を上げるようにする
「広告をクリックしてもらってからコンバージョンに至る」それがリスティング広告の最終目的です。
出稿されたWEB広告が表示されなければ、誰の目にも触れることがないので、インプレッション数は上がりません。
インプレッション数を上げるために以下の4点を実施してみましょう。

1.検索キーワードの追加登録
2.不要なキーワードの除外
3.広告予算自体を増やす(入札金額の増加)
4.広告の品質を上げる(タイトル・テキスト改善)
■クリックしてもらえる広告文を作る
インプレッション数が増えて満足してはいけません。
表示された広告がクリックされなければコンバージョンにつながりません。

キーワードを定期的にチェックし、広告文を思わずクリックしたくなるように改善しましょう。
■自社サイトを整備
「広告をクリックした先が、欲していた内容と違う」「サイト内がゴチャゴチャしていて利用しにくい」
などリンク先のサイトの状態が整っていなければせっかくクリックしてきてくれたユーザーはすぐに離脱してしまいます。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【プロモーションツールの有効活用】

【プロモーションツールの有効活用】

ウェブマーケティングを行っていく中で最近ウェブ広告で熱いとされている
「リターゲティング広告」をご紹介します。

プロモーションツールの有効活用

【リターゲティング広告とは】

リターゲティング広告は、自社サイトのアクセスを記録、履歴として残し、アドネットワークを使って
他のサイトの広告枠で何度も自社の広告を表示させることが出来る、追いかけ広告です。

例えば車のディーラーのホームページを楽しく見ました。その後、違うサイトでニュースサイトを見たときに、
サイドにある広告バナーがさっき見ていた「車のディーラー」の広告バナーが表示されているのです。
また違う情報ページに行ったときの情報ページ内にある広告バナーも「車のディーラー」だったりするのです。

そのように追いかけてバナーを表示させることで、興味を持ってサイトを訪れた人を囲い込む広告手法です。

アクセスされたページや時間、居住エリア、入力キーワードをもとにどのような広告を配信するのかを
セグメントできるので「購買意欲を高くする広告」をターゲットに向けて効果的に配信できます。

サイトに訪問したユーザーを対象として絞った広告なので、興味を持ってサイトを訪れていると判断され、
違うサイトに離脱されてもバナーで表示させることで意識として自社サイトへ引き戻すことが出来ます。
さらには過去に訪問した人へも配信する事が可能なので、今の離脱だけでなく、過去の離脱も囲い込み対象となります。

ただしながら、同じ人に何度も配信しているとどのページを見ても同じ広告で「しつこい」「不信感」を持たれる場合が
あるので配信回数の設定には注意が必要です。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【コンテンツマーケティングの落とし穴】

【コンテンツマーケティングの落とし穴】

コンテンツマーケティングを行っていく上で、
よくある失敗事例をご紹介します。
このような落とし穴に落ちたときにしっかり対応できるように
しておきたいですね!

コンテンツマーケティングの落とし穴

落とし穴①「ターゲットが広くとりすぎる」

コンテンツマーケティングは効果に時間のかかるマーケティング手法ですが、できるかぎり早く効果を出したいものです。
コンテンツをつくり続けるだけでも時間がかかるので、なかなか効果が出ず、途中で断念してしまうことも。。
このように、キーワードの幅を広くすれば成果が出るまで時間がかかりますし、
逆に狭めすぎればピンポイントに集客はできますが、ボリュームが足りなさすぎるという問題が出てきます。

バランスを考えて狭すぎず、広すぎず、ターゲットを絞ることによって、ターゲットに対しての効果が表れるようにしていきましょう。

ある程度狭めのターゲットから効果が出てきてから徐々に範囲を増やすようにする方が継続しやすいかと思います。

 

落とし穴②「自己主張激しい系」

コンテンツマーケティングで一番重要と言えるのは、
「読者(ユーザー)に、いかに有益な情報を提供できたのか。」
というポイントです。
このポイントを抑えていないと、コンテンツマーケティングとなっていません。

ユーザ属性を検証して、どのようなコンテンツがユーザーにとって有益になるのか、
顧客ニーズを探りコンテンツを作っていくわけですが、

書いているコンテンツがいつの間に自分のことだけをアピールして
ユーザーを置いてけぼりにしている場合があります。

自分のことばかり紹介するサイトに知りたかった情報が載っているか。。
リアルな世界でも自分のことばかり紹介する人は周りにとって白けてしまうことになりませんか?

そうなっては、だれもサイトに二度と踏み入れてくれなくなります。
宣伝ばかりにならないように、もう一度俯瞰で見てみるも大切です。
第三者に見てもらうとよりユーザー目線の声が聴けるのではないでしょうか。

 

良く見ていると、同じような原因でうまくいっていない事例が多いです。
このような落とし穴があるということを知っておくことで、
コンテンツマーケティングの成功に少しでも近づいていただけると幸いです。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【今はあたりまえ?競合ホームページの動向チェック】

【今はあたりまえ?競合ホームページの動向チェック】

 今はあたりまえ?競合ホームページの動向チェック

ウェブ市場において新規参入しやすい市場です。
理由は誰でもホームページを立ち上げることができるから。
逆に言い換えれば競合がいつでも参入してくる市場でもあるのです。
その為競合に対する対策を常に考えておかなければいけません。

しかしながら、ホームページが存在するということは、
競合の動きを知ることができるチャンスでもあるのです。

【競合他社分析が重要なワケ】

競合の動きを把握することが重要なのか。

近年のホームページでは、
細分化と複雑化が技術の進歩によってできるようになり、
出来ることが増えることによって、
さまざまな技術の習得や構築にお金がかかってくるようになりました。

さらに企業としてもサービスの重要性を認識されているので、
コストをかけてよりよいホームページを作る企業がふえています。

ユーザーにおいてもよりよいサービスを利用したいので
アプリやホームページは積極的に使い、
サービスを見る目も厳しくなっています。

もともと、ホームページの制作費用が実質店舗とは違い、安価なために
参入しやすい背景があります。

WEBマーケティングにおいて、
競合の動きを見て、広告の無駄打ちを減らして、
少ない予算で効率的に運営していくことが、求められるのです。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/
 

【顧客分析をして顧客目線のサイト作り】

【顧客分析をして顧客目線のサイト作り】

顧客分析をして顧客目線のサイト作り

いろんな企業、個人のホームページも、売上は「顧客(ユーザー)」によって
出来上がります。マーケティングを行っていく上で「立案」「実行」「評価」を
繰り返して行います。繰り返すことで顧客の潜在意識や今後の行動の傾向を測り、
よりマーケティングを有効的に進めていくことができるのです。

では顧客分析を行っていく基礎となるものをチェックできていますか?

  • 顧客となるターゲットは誰なのか
  • 商品・サービスを好むターゲット層とそのターゲット層は他にどのような商品を好むのか
  • 商品・サービスを使わないターゲットはどのような理由なのか
  • 営業活動による売上への貢献度合い

基礎を固めて次なるは情報収集です。
ではどのような情報を収集するのでしょうか?

  1. 顧客属性データ
  2. 顧客の行動履歴

この二つを収集することで
顧客の属性を把握し、その属性がホームページ内においてどのように
行動したのかを計測することができます。
このデータから、
どのような顧客属性の人がどの商品を好むのか
商品を買わないのはどのような属性なのか
リピーターしやすい属性はどのような属性か

等をチェックすることで顧客目線でホームページの改善していく方法が
見えてきます。

改善して、さらなるより売上が上がりやすい状況を作っていくことが
ウェブマーケティングとしていいホームページ作りに繋がるのです。

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/

【ウェブメディアのブランディング方法】

【ウェブメディアのブランディング方法】

ウェブメディアのブランディング方法

ブランドは商品・サービス・会社の中で同じグループに所属しながらも
いいもの」「価値のあるもの」という判断基準をユーザー(消費者)に
連想させるような働きをする概念と言えます。

簡単に言ってしまうと、「一目を置く存在」がブランドになります。

そしてブランディングはユーザーが自社の商品・サービスを
他社と比べて、「一目を置く存在」にして、商品・サービスの
価値を高めていくマーケティング戦略の1つです。

ブランディングをすることで、競合他社との差別化を図り、
優位性を高めてシェアを獲得しやすくなります。
さらには商品・サービスのブランド化が確立すると
ユーザーから求められるので、無駄に広告費用を使うことなく、
売上を上げていくことが可能になります。

良く言われていますが、アップルの商品が良い例です。
アップルの商品への信頼度が高く新商品にはすぐ購入される人が多いです。

今まで、ブランディングにおいてはマスコミに取り上げられたり、
多くの広告を掲載して認知度を上げて・・・とコストのかかることばかりでしたが、
インターネットの世界においては誰でも商品・サービスの情報を発信することができ、
コストも大きくかかりません。
さらにはコンテンツページは好きなだけたくさん作れるので、
サービスの紹介や開発者の声や会社の想いなど商品の情報を制限なく配信できます。
コンテンツの見せ方も今では動画コンテンツも使われており、表現方法も多彩になりました。

しかし、一方的な配信だけではお客様に「一目を置く存在」になりません。
ユーザーの声を聞くコミュニケーションが取れる仕組みがあるので、
利用しない手はありません。SNSやブログなどユーザーをも巻き込みながら
商品・サービスをブランディングしていきましょう。

その為にはコンセプトをしっかり立ててすべてに一貫性を持たせることが必要です。
一貫性を持たせるには「誰に」「何を」「どのように」を決めることが大切です。

 

*****************************************

自社の強み弱みをしっかり把握できていますか?

>> 強み発見シートのダウンロードページ <<

FaceBookの集客シナリオ無料公開中です!
無料ダウンロードでお試しください!

>> Facebook集客シナリオのダウンロードページ <<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイト訪問者のニーズ予測ソフトウェア!全機能使えて低コストなツールのご案内。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社員300名以下WEB集客マーケティング専門
ファーストメーション株式会社
TEL:06-6344-6580

<ホームーページ>
http://firstmation.com/

<お問い合わせはこちら>
http://firstmation.com/contact/