LINE@集客で売上アップに効果的な方法

数あるSNSはコミュニケーションツールとして得手不得手があります。具体的に言うと、コミュニケーションが行われる画面デザインの違いによって、会話や感情表現の質が変わってきます。

ビジネスにおける、LINE@での効果的な情報配信のあり方とはどんなものでしょう。

コミュニケーションのあり方によって情報発信のあり方が変わりますので、集客には大きな要素です。

どういったコンテンツ発信が閲覧者の興味をひくのでしょうか?

 

閲覧者の心に響くような情報

LINEはより心理的距離感が近いコミュニケーションがその特徴です。

閲覧者が思わずレスポンスを投げてしまうような情報であり発信のしかたを考えましょう。

具体的に言うと、短い文章で疑問形を多用します。

スマートフォンでの使用が多いので短く文章を区切るのと、説明しすぎずに済ませることで想像力を掻き立てるためです。

疑問形は、閲覧者がいちど自問してしまう形式ですから有効です。

ネットニュースの見出しなどを参考にしてみるのもいいと思います。

しかし長文でしかつたえられない内容もありますね。そんなときは・・・

 

LINEのタイムライン投稿

LINEもFacebook的なレイアウトのタイムラインがあります。そちらであれば、会話形式ではない、もう少し自己表現に適したスタイルの表現ができます。画像と長文で訴求ポイントを余すところなく表現していきましょう。

コミュニケーションと表現の両輪で閲覧者にインパクトを与えていきます。

 

LINEでの情報発信はいつやるか

 

もちろん、閲覧者がスマートフォンを使用する時間帯であるのがいいです。

時間がたてばたつほど情報は後ろへ流れていきますから、鮮度が落ちていきます。

だいたい、一般的な方々を対象にするなら、以下の時間帯がおすすめです。

7時〜9時(通勤時間)
12時〜13時(昼休憩)
18時〜20時(帰宅時間)
22時〜24時(就寝前)

帰宅ラッシュの電車内がいちばんホットな時間帯です。

動揺に通勤時間帯としては朝もおすすめですね。

配信してみてのトライアンドエラーもあるでしょう。例えば月曜日よりは金曜日、学生がターゲットなら放課後やゴールデンタイムの時間帯、主婦がターゲットなら昼間で、ランチタイムより後など、実際配信してみて効果を測定しましょう。

閲覧者層にもよりますが、深夜はなるべく避けましょう。通知を鳴らす人も多いので、ブロックされる原因になりやすいです。

 

配信の回数はどのくらい?

通知する度に閲覧者のスマートフォンが鳴るケースがほとんどでしょう。

電話にとって代わりそうなくらいのメディアですから、通知を切っているユーザーは少数派でしょう。

日に1から、多くとも3回程度、深夜の情報発信は避けるのが無難です。

 

LINEメッセージの冒頭でインパクト

メッセージの冒頭に興味を引くキャッチを入れましょう。スマートフォンのロック画面前の表示などでも読める量で、興味を引くキャッチです。一瞬で、違和感を覚えさせたり、自分に関係ある情報だと思わせたりすることで、未開封を避けて、有効にメッセージを伝えます。

あまり時候の挨拶などから入らなくても問題ありません。マナーはもちろん大事ですが、LINE使用においてはあまり神経質になりすぎないように気を付けましょう。

ビジネスシーンでメールマガジンなどを作成している方は、開封してもらえるタイトルをつけるよう考える習慣があると思います。

そんな要領で、キャッチや文章を考えましょう。

 

LINE@でやるべきではない発信

あからさまで頻繁な、マーケティング感が強い情報発信は避けましょう。

ブログでのステルスマーケティングが問題になったように、距離感が近いゆえに、関係ない話題のアフィリエイトリンクなどはかなりのイメージダウンです。

距離感が近い中で、あきらかに広告のためだけのアカウントとみなされるとブロックされてしまいました。

コンテンツを発信するときは、閲覧者の気持ちを大事にしましょう。

 

電話番号は半角数字を入れる

メッセージ内にある電話番号は半角数字で入れます。それによって自動的に電話番号であると認識し、リンクがうまれ、番号をタップするだけで電話発信が可能です。

 

LINE@で成果を出すポイント

いかに多くの顧客に「友だち追加」をしてもらえるかです。

この点において、情報発信のタイミングや頻度、あからさまな商売目的で閲覧者に近づくことはNGです。

距離感の近さをビジネスに利用するわけですから、きちんとイメージを守っていかなくてはいけません。

炎上という問題はSNSにおいて大きなパワーがあります。ネットが普及し、かつSNSが席巻してから頻発するようになったことで、きちんと対処していかなくてはなりません。

よいコミュニケーションを築く必要があるのは、どんなビジネスでも同じです。

目標としては、1000人。これだけの友だち獲得ができれば、大きな成果につなげやすくなります。