マーケティングオートメーションメールとは

マーケティングオートメーションの概念は、2014年ごろからから徐々に世界に広まってきました。

自社サイト訪問者の閲覧行動(誰が、どのページを、どのくらい見ているか)をデータ化して、それを軸に潜在的・本質的あなニーズを可視化するツールです。

平たく言えば、「商品ページを何度も、または何分も見ているなら、その商品に興味があるはず」ということを、ウェブの仕組みの中で広範囲に仕組み化していくツールです。

 

 

「誰が」見ているかを特定

 

Googleアナリティクスでも、似たようなことはできるじゃないか、と思われた方も多いでしょう。

しかし、閲覧者を特定することは、こういったマーケティングオートメーションツールに分があります。

もちろん無条件に特定できるわけではないです。

メールアドレスを手に入れると判明する仕組みになっています。

さらに過去にさかのぼってその閲覧行動を特定することができます。

データからニーズを予測して、あとは商談にのぞむだけ、という状態に持っていくことだって夢ではありません。

これは、万年人手不足にあえぐ業界や中小企業では素晴らしいニュースとなるのではないでしょうか。

日本では、最初大企業のBtoB取引において力を発揮してきたマーケティングオートメーションツールですが、ここにきて中小企業でも導入される事例が増えてきました。

やはり企業間では必須のツールという見解は、今後の主流となるでしょう。

 

ですが、マーケティングオートメーションツール運用・活用には慣れやスキルアップも必要で、しっかりした知識が必要とされますが、ついつい、

「便利らしいから、導入したらすぐに売上が上がるはず!」と思い込む企業担当者やウェブ関係者も多いですね。

まずはメールでの情報発信において、「使い分け」を意識してみましょう。

 

メールで情報発信

 

サイト訪問者の全ての閲覧行動をデータ化していくので、購入の見込が高い訪問者と低い訪問者に別れてきます。

閲覧の行動を基準として、カンタンに言うと、見込みが高い、つまり興味を持ってくれる訪問者は、サイト閲覧回数が増大します。

または問い合わせフォームや、無料ダウンロードコンテンツへアクセスします。

 

これらを総合的に判断して、興味の度合に応じた情報をメールで配信しましょう。

 

興味が低いサイト訪問者には一般的な情報を送りますし、興味を持ってくれている訪問者には、より自社の強みを伝えるようなメールがいいですね。

マーケティングオートメーションツールを使いこなせば、これらの作業を自動化することができます。

 

一対一で最適な対応をしているように、その時々で最適な情報を提案し、徐々にお客様に自社商品の強みをわかっていただきます。

マーケティングオートメーションツールを使いこなせば、1人の担当者が何百人に対して細やかに対処することもできます。

 

One to Oneマーケティングの実現も夢ではないです。

 

受信してもらうポイント

見込みが高いサイト訪問者には定期的、継続的にメールが届くことになります。

 

基本的にコミュニケーションの全般にわたってメールは非常に重要です。

 

なので、せっかくものにしたコミュニケーションのきっかけは維持して、発展させていかなくてはいけません。

興味をなくされてしまうことも多々あるでしょうが、それは今回ふれません。

今回取り上げる内容で、代表的な事例はやはり、迷惑メールへのカテゴライズです。

サイト訪問者が資料ダウンロードや質問フォームを通過してメールアドレスを入力してくれているのに、そこに送って迷惑メールにされては意味がなくなっていまします。

マーケティングオートメーションツールからのメールは標準の設定では、ツールのメールサーバーを経由して送信されます。

これがもとで迷惑メールとして振り分けられることがあるのです。

 

ちなみに、送るメールアドレスの末尾が「-------@会社名」だった場合で、

かつその会社からメールするなら、

アドレスとドメインが一致しているので、安全なメールと判断されることが多いです。

 

しかし、マーケティングオートメーションからメール配信を行うと、アドレスとドメインが一致していないことがあります。

この状態は、迷惑メールと判断される可能性が少し高くなってしまうんですね。

 

ここは気をつけていないと、メールでの施策が全然上がってきません。

 

メールアプリによっては危険度が高いと判断されて強めの文章での警告表示されれば、もうコミュニケーションは終わってしまいます。

 

いったんこうなると、再開はなかなか難しいでしょう。

 

時間帯も考慮してメール

 

主婦なら、サラリーマンなら、どんな時にメールに目を通すでしょうか。

サラリーマンならスマートフォンで通勤電車でチェックする、ということはそういう時間帯にメールを送ればスルーの確率が減るのです。

主婦なら、専業かどうかでも違うでしょうが、やはり受信されやすい、流されにくい時間帯はあります。

そういった時間帯を指定して送信するのも、マーケティングオートメーションツールに任せることができます。

 

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580