マーケティングオートメーション自動化まで

マーケティングオートメーションとは、導入が成功すればとてつもないメリットがあります。

平たく言うと、マーケティング部と営業部の業務を一本化して効率化できます。

言ってみれば売上、または売上アップを担うという意味では中小企業なら基幹ともなる部署の仕事が効率化され、かつ成果が上がるというのですから、こんないいことはありません。

 

マーケティングオートメーションとは、ツールを購入して自社サイトに組み込む形で活用されます。

役割としては、自社サイトを見に来ている訪問者がどのページを閲覧しているか、またはどのくらいの回数と時間閲覧しているか、というデータから、「何を」「どのくらい」欲しがっているかを可視化していくのがその本領です。

自動化のコツ

自動化するのは、最初に仕込みが必要です。

例えば、自社サイトにある種のフォームを設置したとします。

このフォームに登録していただいたサイト訪問者の方には、メールマガジンやステップメールを定期的に配信する、という仕組み化が自動化にあたります。

ある商品を買って下さった方、または興味がある方に対して、その商品のよりよい活用方法について10回に分けて事例や活用ポイントを紹介していくとしましょう。

なんなら、最終的にアップグレード版、ハイエンド商品などにつながるのを目的としてもかまいません。

それに応じたメールマガジンなどで、文章をあらかじめ書いておき、段階的に発信されるようにしておけば、マーケティングオートメーションが全自動でその作業を行います。

これは、年間、あるいは半期のスケジュールなどを通じて設定してしまえば、あとはその期間内、別の作業ができるということになります。

年間スケジュールを通じて、サイト訪問者のアクションごとに対応していくよりははるかに効率的ですし、少人数で実行できます。

うまくやれば10分の1のメンバーで達成することが可能です。

最初に設定する、文章を作るのはもちろん手間ですが、それさえ済めば絶対にツールによって運用させる方が早いです。

人がかなう分野ではありません。

 

 

ナーチャリングも自動化

商品のブランディングなども同時に行うことができます。

興味の度合や、閲覧回数はマーケティングオートメーションがデータ化しますから、例えばページ閲覧回数が低いサイト訪問者にはこのメール、ある程度のサイト訪問者には別のメール、かなり訪問回数が多いなら、商談・提案まで含めたメール、というように送り分けることももちろん可能です。

ナーチャリングの効果と方法①

 

 

これも最初に設定しておけば、自動化で全て行われます。

 

情報発信や、ブログでの情報公開を通じ、自動化ではなくても、その都度対応したり、メール施策を打ったりする中小企業の方々もいるでしょう。

では、自動化、または最初に手間がかかる設定や文章作りなどしなくても、今でも似たようなことはやっているんだから、マーケティングオートメーションは不要では?という声も聞かれます。

残念ながらそれは違います。

その都度対応しているといっても、じゅうぶんにできていないケースがほとんどですし、定期的にメールで案内を送るといっても、できない事例の方が多いです。

よっぽどうまくスケジュールを管理したり、作業を急かす上司がいたりすれば別かもしれませんが、みなそんなに暇ではありません。

というより、「急かす」という作業が業務に入ってくることがそもそも非効率的です。

リアルでその都度対応するといっても、一回目はできるかもしれません。

 

しかし、10回の配信目標があるとして、それを数十人、数百人相手に送るとなればその手間は雪だるま式に増えていきますよね。

文章を作るのはもちろん、人です。

まだまだそこは機械やツールにはまかせておけません。

しかし機械的な作業、つまりタイミングが来たら送るとか、同様のメールを他の数十人に送るとなれば、これは文字通り機械、ツールにやらせる方がいいのは明白ですね。

1000人のお客様(サイト訪問者)に対して、対応する人数が1人、という状態だって夢ではありません。

なんなら3人で対応してもじゅうぶんすごいことです。

マーケティングオートメーションは機能が多いです。マーケティングと営業を横断するようなツールですから当然です。

最初は数人必要になるかもしれませんが、最終的にはじゅうぶん1人で対応できるようになります。

定期的に、あるいはタイミングを見計らい、適切な情報を適切なサイト訪問者に送って全員を自社商品やサービスのファンにしてしまう。

One to Oneマーケティングの理想的な状態を1人で作り出すことは、マーケティングオートメーションツールなしでは絶対にできないでしょう。

自動化に向けて

まずはまめにチェックしましょう。

サイト訪問者の行動や受注率などを先週と今週、先月と今月などチェックしていけば、必ず成長が実感できますし、改善点も見つけやすくなります。

ある程度修正ポイントがあれば、それは今後の活動にも効いてくるアイデアとなりますから、修正も早くなり、間違いをする確率も減ってきます。

是非、導入されてみてはいかがでしょうか?

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580