マーケティングオートメーションレッスン

便利なマーケティングオートメーションツールですが、操作が複雑なのも確かです。

最近導入を始めた中小企業などから、FAQなどで寄せられる質問や解答で、ありがちなものをピックアップしてみましょう!

リアルからマーケティングオートメーションへ

ネットでの行動履歴から潜在的なニーズを探るのは特筆すべきポイントで、これこそマーケティングオートメーションツールの本文です。

かつて、マーケティングオートメーションツールは大企業間での取引や交渉で使用されることから始まった歴史を持っていますが、現在は中小企業や個人事業主でも導入事例が増えてきています。

しかし、リアルでの接触は決してゼロにはなりません。人と人との接触は今もって重要です。

かつて、飲料水を売る実験として、サイトで売るか、路上で営業パーソンが売るかという事例が比較されたことがありました。

結果は路上セールスの圧勝でした。商品にもよりますが、対面の威力はなくならないということです。

O2O(オーツーオー=オンラインとオフライン)

オンラインとオフラインを結ぶマーケティング活動は、クロージング率向上にはなくてはならない要素です。

やはり実際に体験を伴うような提案や出会いは、感動をもたらしますし、訴求性も高いです。

購入意欲を育てていく際には、ダイレクトメールやPRムービーなど、オンラインで提供できるものと併せてオフラインでもいろんな手を打っていくのが有効です。

情報発信ではなく、体験できる「モノ」、または「体験そのもの」でイメージアップを図ります。

エステなどのチェーンがネットでクーポンを発行し、実際に店舗への来店を促していく仕組みはその代表的なものです。

そのリアルでの接触に対して「お礼のメール」を送ったり、「アンケート」を実施したりすることで、自社商品の魅力を多角的に伝えていきましょう。

 

ブログで購入動機を育成

ブログは深い内容や、多量の文字情報に適しています。

SNSだと、例えばツイッターやインスタグラムなどでは深さ、濃さが劣る文字情報になります。

そのかわりに、リアルタイム感、商品のイメージなどは伝えやすいです。

 

このように、目的に適したメディアを使いこなしましょう。

 

自社サイトをほぼ更新せず、ブログだけでやっていける会社もあるくらいですから、有効なのは証明済みです。

 

SEO強化にも貢献

SNSでは、情報はタイムラインと共に流れていきますが、ブログはアーカイブ化することで強力なコンテンツに育ちます。

検索エンジンから、特化して有益な情報が多いブログと見られると、検索にかかりやすくなりますから、ネットでの存在感が大幅に向上します。

消費者は、検索から情報収集とショッピングを始めますから、検索で上位に表示される、つまり存在感が大きいのは大事です。

 

メールアドレス入手

メールアドレスの入力フォームには、あまり項目を増やしすぎないようにしましょう。

名前、生年月日、性別、居住地域、勤務先、業種、年収など、聞いておきたい情報はあります。

特にあればあるほどいいという側面もあります。

しかし多すぎると、サイト閲覧者が面倒に感じて離脱されてしまいます。

 

最低限にとどめて、メールアドレスの入手を最優先で考えましょう。

 

例えば、セミナーやそのほか、リアルで名刺交換などのチャンスがあったりしたら、積極的にメールアドレスを入手して活用するようにしましょう。

そして、その日のうち、または近々にその出会いに関してメールを送りましょう。

その出会いに関するお礼、つまり「先日はありがとうございました」でもいいですし、セミナーやキャンペーンの告知もいいですね。

なるべく返信されやすい文面や、カンタンなアンケートとそのお礼の特典などを含めて返信しやすいメールを作ります。

ここでメールアドレスをゲットすれば、マーケティングオートメーションツールは、、過去にも遡ってサイト訪問者の閲覧履歴をデータ化します。

 

自動化までのポイント

効率化のためにも、マンパワー不足解消のためにも自動化できれば、と考える中小企業の方は多いでしょう。

自動化までの道のりは遠いですし、チェック項目も多いです。慣れてくるとだいぶ省けるようになります。

 

しかし、個別対応的なサービスを広範囲、大人数に提供するとなると、自動化を目指したいですし、余った時間で新たなサービスを考慮することができます。

 

「◆◆になれば○○する」というように、前提を決めて、それに対する処理を仕組みかすれば自動化できます。

 

具体的には、「特定のページを見た」「お問い合わせフォーム入力」などに関して、対応するアクションをひとつずつ設定しておくことです。

 

「ダイレクトメール」や「営業マンにアラート通知して電話営業」など、マーケティングオートメーションツールは広範囲にわたってリアクションを設定できますから、なれれば自動化も夢ではありません。

必ず、成約率、クロージング率など、目に見える成果は上がります。

こまめにデータをチェックして、慣れていき、最後には仕組み化してしまいましょう!

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580