マーケティングオートメーション事例紹介!その機能とは

「マーケティングオートメーション」。

この概念がビジネスシーンで頻繁に使われるようになったのは2014-2015年頃からです。
昨今はずいぶん浸透してきて、中小企業でも導入を検討する事例が増えてきました。

マーケティングオートメーションの事例

ガストやリンナイなどはマーケティングオートメーションを導入して成功した企業と言えるでしょう。
自社サイトと検索者の距離を縮めたり、別ルートを何本も用意したりして顧客を引き付けるのはとても強力だったと思われますし、他の業種でも参考になる部分は多いと思います。
かたや商品、物品、かたや、場所とサービス提供という業態の違いもあるので、研究事例としては好都合というわけです。
もうひとつ、同じような例でレンタル業のGEO(ゲオ)なども挙げられるでしょう。

詳しくは以下のリンクをどうぞ。

 

マーケティングオートメーションの事例と役割

 

マーケティングオートメーションツールは、今後、さらに影響力を強め、より社会に浸透する、つまり業種や規模を問わず広まっていくでしょう。

 

事例を紹介してきましたが、仕組みや機能と言う面も同時に覚えていきましょう。
下記のような方々にも読んで頂いて、機能の数々を学んでいきましょう。
・中小企業で業務効率化を狙うが、導入を迷っている方。
・メリットだけでなく、デメリットも含め検討したい方。
まずは、発展の背景から機能の発達まで見てみましょう。

 

マーケティングオートメーション導入の背景

ビジネスとネット、またはSNSが合わさった結果発生した変化として、消費行動はその大半がネット内で完結するようになったことがあげられます。
まずインターネットで商品を検索してから、でないと、商品の購入という行動になりません。
つまり、お客様になるかもしれない方が、ネットやSNSで情報をサーチし始めると、、どの商品を購入するかはすでに決まりつつあることが多い、ということです。
このステージから競合に先んじてアプローチする必要が出てきたことが、マーケティングオートメーションツールや、それに付随する機能が発達してきた理由です。

 

さらには、この段階での情報収集から、お客様が何に興味を持っているかを探ることが可能です。
つまり効率よくクロージングまで持ち込める確率が上がるのです。

 

今は、購入だけでなくその後のサービスやアフターフォロー、使用感もSNSなどに感想としてアップされます。

 

マーケティングオートメーションという仕組みは、サイト訪問行動から顧客のニーズを探り出すので、先んじて手を打てば、受注後のアフターサービスも含めて強力にサポートすることが可能です。
具体的にいうと、サイト訪問者の閲覧行動、つまり「誰が」「どのページを」「どのくらい見ているか」をもとに、ニーズを探り、サイト訪問者の興味の度合に応じたメール配信などの広告戦略をとることが可能です。

メールが開封されたかどうかをカウントし、かつ、自社サイトが閲覧されている瞬間などを通知することもできます。
ニーズが高まっている瞬間を逃しません。

 

マーケティングオートメーションの仕組み

 

データとして蓄積されるのはサイト内行動のほぼ全てです。
どのページをどのくらい見ているか、フォームへの入力があったかどうか、などです。

 

反応率が悪い、好印象ではないなどがデータから見えてくるならば、改善点を見つけて修正しましょう。
その手がかりを見つけるためにも、マーケティングオートメーションツールは便利です。

 

マーケティングオートメーションの必要準備

 

これまで、マーケティングオートメーションツールのメリットばかりを述べてきました。
気になるのはデメリットですね。
やはり、複雑な業務を一本化して効率化するものですから、なかなか慣れも必要ですし、導入すればいろんなシチュエーションで問題が発生してくることと思います。

複雑な機能の把握

まず、多面的にデータを収集するマーケティングオートメーションツールは、その操作や機能も多様にならざるを得ません。

 

ユーザインターフェイスはとても大事で、見やすいレイアウトや優れた操作性は当たり前としても、扱う業務が広範囲ですから、概念や仕組みに馴染むまでに時間がかかります。
しかし、慣れてしまえば、1人で1000人ほどの担当をすることも可能になるツールです。

 

ここをできる限り短縮するために、日々のトライアンドエラー、チェック作業はかかさないようにしましょう。
目の前の業務とは性質が異なるタスクとなるでしょうが、より遠くを見据えて行動しましょう。
施策に対する反応も数字として出ますから、励みになることも多いはずです。
しっかり勉強して、いち早く成果を出していきましょう!

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580