マーケティングオートメーションを活かすメール

マーケティングオートメーションとはネットとビジネスが関係していく歴史の中で生まれた仕組みで、サイト訪問者の行動やページ遷移、滞在時間をもとにニーズを探り出すのがその本質です。

通常はツールの形で実装されることが多く、発生当初は大企業がメインでしたが、最近は中小企業や個人事業主が備えるサイトにも導入される事例が増えてきました。

 

マーケティングオートメーションで最初に使う機能

導入すればメリットも大きいですが、そもそもはマーケティング部門と営業部門の業務を効率化、一本化していくほど広範な業務をカバーしていくツールですから、なかなか操作や運用に慣れない段階も出てきます。

そういった初期の状態において、メールの配信から手を付ける、という担当者はとても多いようです。

もちろんメール配信のみでとどめておいてはいけません。

実際、この段階でとどまる事例もありましたが、昨今はトレーニング環境やサポートも充実してきたのでさすがに減ってきたようです。

 

ですがメールは最初から最後まで重要な情報発信の手段ですし、この段階から気をつけるべきこともあります。

そこで今回はマーケティングオートメーションツール導入状態から使えるメール業務のポイントをご紹介します。

 

メール送信をツールに一本化

ツールに慣れていくためにも、なるべく早い段階から、メール配信をマーケティングオートメーションツールを使って行うようにしましょう。

基本的に、サイト訪問者への宣伝や何かしらの情報発信としてのメールは、全てマーケティングオートメーションツールから行うようにしていきます。

そうすることで、より正確にサイト訪問者の行動を追跡することが可能になっていきますし、いろんな展開に結び付けやすくなります。

マーケティングオートメーションを通じてのメールでサイト訪問者の購入意欲を引き上げていきます。

 

最初はお礼メールから

提案や名刺交換など、いちど接触したお客様、これからアプローチをかけるお客様に対して、お礼のメールを送る時からツールで送信していきます。

これはマーケティング、または営業部門、問わずです。おそらく営業部門の方が接触は多いでしょうから、ちょtっとした用事でもメールを送ることは多いでしょう。これをマーケティングオートメーションツールからの発信に切り替えていきます。

 

この際、必ず、自社サイトへのリンクをはって誘導できるようにしておきます。ここで、メールから自社サイトに来てくれれば、けっこう興味を持ってくれているだろうと推測できますし、自社商品やサービスに関するアナウンスをすることも可能です。

 

一斉送信メール

一斉送信するダイレクトメールなどもマーケティングオートメーションツールからです。

もちろん、対象によってメール内容が変わることもあります。

例えば、マーケティングオートメーションが記録するデータによって、ある商品のページを一定の回数訪問するとメールを送る、という設定もできます。

 

そうなってくれば、訪問回数や興味の度合が異なる対象に対して送る内容は異なってきます。

このように、あるていどのカテゴライズの枠を設けたうえで、一斉送信していく設定をマーケティングオートメーションツールで作っておくことが大事です。

新商品のお知らせをするようなメール。

自社サイトを見に来ていて興味があるのを前提に「興味があるあなたに」という形で個人向けに見えるようなメール。

いろんなパターンを使い分けてメール送信することを心がけていきます。

 

こういったメール送信作業を通じて、可能な限り早くマーケティングオートメーションツールに慣れていきましょう。

 

メールの一部を差し替える

いろんなカテゴリーのサイト訪問者に対して、いろんなパターンの文面を用意していきます。

そのほうが狙いやすいですし、目的が具体的になってきます。

ただし、対象のイメージやペルソナをきちんと設定しているがゆえに困ることも出てきます。

例えばセミナーのお知らせであれば、地域や時間が開催地によって異なる可能性があります。

文面は対象をイメージして作りこみ、情報自体はマーケティングオートメーションツールによって自動的に変更してくれれば、理想的な流れでメールが配信されます。

 

この段階になれば、配信忘れなどの人的ミスがなくなるというよりも、営業活動の一部が自動化されている、まさにその名が示す通りオートメーション化されているという実感を得ることができるでしょう。

 

省力化という観点から見ると、中小企業の方々には非常に魅力的ではないでしょうか。

文章力、どういった文面にするかと言うのは、顧客へのセールス全般において、もっと言えばビジネスパーソンが要求される能力としては、基本的にして最重要であると言えるでしょう。

 

こういった能力を磨くためにも、マーケティングオートメーションツールでメール送信するのは有効です。

それ自体が思考力や文章力を磨くわけではもちろんありませんが、開封数のカウントや成果に結びついているかどうかの確認によって、しだいに文章力、論理力が上昇していきます。

 

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580