マーケティングオートメーションとサーバー

マーケティングオートメーションとは、自社サイト訪問者の閲覧行動、つまりページや滞在時間を計測し、どのページに興味を示しているかを探るツールです。

サイト訪問者の行動は全て記録していきますが、その傍らで、自社サイトへの問い合わせや無料ダウンロードコンテンツなどに訪問者を誘導して、メールアドレスの入力をしてもらうと、さらに素晴らしい成果が出ます。

メールアドレスを手に入れると、過去にさかのぼってその閲覧行動を特定することができます。

つまり興味を持って、自社サイトの商品をおそらく購入したいと思っているであろう方が誰なのか特定できるのです。

あとは商談にのぞむだけ、という状態に持っていくことだって夢ではありません。

これは、万年人手不足にあえぐ業界や中小企業では素晴らしいニュースとなるのではないでしょうか。

メールの注意点

 

サイト訪問者の全ての閲覧行動をデータ化していくので、当然のことながら、購入の見込が高い訪問者と低い訪問者に別れてきます。

それはサイト内の行動パターンに現れてきます。見込みが高い、つまり興味を持ってくれる訪問者は、サイト閲覧回数や時間が増大します。

これらを軸にして、マーケティングオートメーションツールは、興味の度合によって発信する情報の質を変えることができます。

例えば、あまり興味が低いサイト訪問者には一般的な情報を送りますし、興味を持ってくれている訪問者には、深く濃い情報を届けます。

こういったコミュニケーションを使い分けることで、一対一で適切な対応をとっているような状態を作り出せます。

これを全てのお客様に対して実現していけば、高い満足度が得られます。

One to Oneマーケティングと言ったりしますね。

 

受信側の環境に注意する

見込みが高いサイト訪問者はもちろん大事にする必要があります。基本的にコミュニケーションの全般にわたってメールは非常に重要です。

 

ですからコミュニケーションが切れてしまうような事態を避けなければいけませんが、しかしそういった事例はやはり発生してしまいます。

それは送信側の問題がある事例もありますが、受信側にも起こってくる可能性があります。

代表的な事例はやはり、迷惑メールに入ってしまうこと。

サイト訪問者がせっかく興味を持ってくれて資料ダウンロードやお問い合わせを通過してメールアドレスを入手しても、そこに送って迷惑メールにされては元も子もありません。

マーケティングオートメーションツールからのメールは標準の設定では、ツールのメールサーバーを経由して送信されます。

これがもとで迷惑メールとして振り分けられることがあるのです。

 

自分のメールアドレスの末尾が「-------@会社名」だった場合で、

かつ会社からメールするなら、アドレスとドメインが一致しているので、安全なメールと判断されることが多いです。

 

しかし、マーケティングオートメーションからメール配信を行うと、アドレスとドメインが一致していないことがあります。

この状態によって迷惑メールとされる可能性が上がります。

 

ここは気をつけていないと、メールでの施策が全然上がってきません。

 

メールアプリによっては危険度が高いと判断されて強めの文章での警告表示されれば、もうコミュニケーションは終わってしまいます。

 

受信者は、こういたことが起こると、なかなか門戸を開いてくれません。

 

迷惑メールと思われないために

開封率を下げないためにも送信したメールが受信されるよう注意を払う必要があります。

 

送信ドメインを認証して、正規のメールアドレスで安全であるという意味付けを与えてメール送信することもできますが、けっこう専門度が高い技術となります。

 

自社で対応するなら、最低でもシステム専門である単独部署がないと厳しいでしょう。

こういったことを考慮していくときに、高額なマーケティングオートメーションツールの方が、こういった細やかな配慮が行き届いていることがあります。

または、サポート体制が充実していて解決してくれる場合もあるでしょう。

中小企業やスタートまもない企業では、より安価なものや無料のマーケティングオートメーションツールが望まれることが多いですが、メールコミュニケーションのエラーはダメージが大きいですから、サポート体制などをチェックして、最初から万全の体制を整えておきたいものです。

迷惑メールとは別であると証明したり、イメージさせることはとても大事です。

例えば、送信するときに、

「------@会社名」

というメールアドレスで送ってもいいのですが、より望ましいとすれば、そこにさらに個人の名前が入る、つまり個人のメールアドレスから贈る方が、会社の共有アドレスから贈るよりも、印象としてはいいものになりやすいです。

匿名性を下げることで、信頼できるイメージを醸成するわけですね。

もちろん必ずしも自分のアドレスでなくてもかまいません。

部長や課長の名前でもいいですから、個人名から贈ると言うことが大事です。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580