マーケティングオートメーション導入とスマホ

マーケティングオートメーションとは、サイト訪問者の動きをデータ化・分析するシステムです。

どのページをどのくらい見ているか、ということがわかれば、どの商品にどのくらい興味があるか、ということが推測しやすくなりますね。

これを本領として、周辺機能も充実しているのがマーケティングオートメーションツールです。

例えば、特定の商品を見たらダイレクトメールを送る、または、一定の回数商品ページを見た訪問者がいれば、その訪問をリアルタイムで営業パーソンに通知して、お客様の興味が高まっている時にアプローチをかけたりすることも可能です。

こういった仕組みは、やはり訪問者が、ある程度サイト閲覧してくれることによって機能してきます。

閲覧はスマホ

閲覧してもらう、という点で見た時に、中小企業はともかく大企業、しかも創業年数が多い企業だと忘れられがちなことがあります。

それは、ホームページを閲覧するデバイスがパソコンからスマホに移っており、比率も大きく変わってきたことです。

もう、若年層は、ほぼほぼパソコンではなくスマホでサイト閲覧をするようになっているでしょう。

もちろん、パソコンがなくなるという事態はまだまだ考えられませんが、圧倒的にスマホでの閲覧が増えてきているのはみのがしては いけない事実ですね。

サイトはスマホ対応型に

パソコンを置いていない自宅、またはおいてあっても家族のそれぞれがスマホをxるということもあります。

さらに通勤電車内でパソコンを見る人はほぼいないでしょう。

こういったシチュエーションでは圧倒的にスマホの割合が多いのはおわかりいただけると思います。

しかし、ここでスマホ対応していない自社サイトであれば、見にくいので閲覧者がさっさと離脱してしまいがちです。

例えば通勤時間帯、例えば夜に仕事をしていないひとときなどの時間、自社サイトが見てもらえないと考えるとどうでしょう?

改善して、訪問者数の増加や滞在時間の延長を図るべきですね。

普通にパソコン使用時間が長いビジネスパーソンでも、メールのチェックやアプリの更新だけをスマホでチェックして、じっくり考慮すべきコンテンツはパソコンで見るという人はけっこういるはずです。

仕事で使っているならなおさらです。

時間短縮と、仕事に近いパソコン環境で見るためです。

なので、ライフスタイルを問わず、スマホからの閲覧率は大きく、かつ必須、不可避の流れとなっているといえます。

 

ブログ優先でスマホ対応

ネットが発展していろんなコンテンツやスタイルが生まれてきた歴史上、企業のサイトなどでも、その目的に応じて異なるページ形式になることがあります。

例えば商品ページとブログ。

商品ページは見やすさや写真、値段などをわかりやすく提示する必要がありますが、その開発の経緯や、使用例を複数上げるには適していないデザイン・形式です。

使用して発生しうる無数の感想や問題の解決法などは、ブログの方が適しているでしょう。今ならインスタグラムなどにそれを担わせてもいいかもしれませんが、更新や記事の整理、テキスト量などを考えると、ブログがそういった役目を果たさなくなることは考えにくいです。

となれば、ブログは優先的にスマホ対応すべき頁ということになります。

より深い情報、つまりより個人に密着した情報、つまり生活の中でも個人的な時間帯にふれることが多くなりがちなメディアで、その性格上からも、スマホで見られることが多いです。空き時間にブログを読むのを時間つぶしにしている人も多いですから、よりプライベートな性質を持っているというのもわかります。

 

アクティブプロスペクト育成から

アクティブプロスペクトとは、マーケティングオートメーションツールがサイト訪問者の行動を把握する段階において、メールアドレスを入手済みのサイト訪問者のことを言います。

 

メールアドレスを入手すれば、いろんな行動をデータ化できますし、その後の施策も打ちやすいので、この点は非常に大事です。

第一優先目標といってもいいでしょう。

問題はアクティブプロスペクトから見た場合、ホームページがスマホ未対応なのは非常によくないということです。

例えば、かつては電話帳に電話番号がのっていない業者が怪しまれるなんてこともありました。

信頼性はともかく、閲覧者のことを考えるとスマホ未対応が不親切な状態であるのはまちがいありません。

ここをとりこぼしてはナーチャリングもおろそかになってしまいます。

 

ブログは継続的に

アクティブプロスペクトに興味を持ち続けてもらうためにもまめに更新しましょう。

ブログの更新日があまりにも古いと、最近活動していないような印象を与えてしまい、印象が悪いです。

 

既存のサイトに設置するのもいいですし、新たに立ち上げるなら、ブログなども含めて設計していくのもいいでしょう。

コストも非常に低いですし継続配信に適したメディアですから、日々の手間がかかっても取り組む価値があります。

記事のレベルを維持しながら更新を続けるのは骨ですが、やる価値はあります。

 

そしてここでも、マーケティングオートメーションツールを使えば、ブログの作成や、どの記事がどのくらい読まれているかなどを可視化できますから、こまめにチェックしましょう。

 

コンテンツの質が高ければ、SEOが強くなり、多くの閲覧者がきてくれるかもしれません。

複合メディアとしてのグレードや価値も上がります。
====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580