マーケティングオートメーションの出自

マーケティングオートメーションツールとは、自社サイトを通じて、閲覧者の本質的、潜在的なニーズを可視化するソフトウェアの総称です。

具体的には、「誰が」「どのページを」「どのくらい」見ているかをデータ化して解析することで、興味の度合いを判定したり、その度合いに応じたメールを自動的に配信したりします。

市場調査から販促活動までを強力に効率化してくれるツールといえるでしょう。

 

 

MAツール発祥の個性

現在はいろんなマーケティングオートメーションツールが世に出ています。中小企業でもマーケティングオートメーションツールを導入する事例が増えてきているくらいですから、けっこうな数のツールが出ていることになります。

今、開発されているものは最初からマーケティングオートメーションという概念を見据えて開発されているものも多いですが、かつては、別のソフトに機能を追加することでマーケティングオートメーションを実現しようというものもありました。

他のソフトから進化してくる事例の中で、代表的なものは、メール配信システムから発達してきたツールがあります。

 

メールは現在でもビジネスシーンにおける重要なコミュニケーションツールでありますし、膨大な量のやりとりがあります。メール整理術などのような書籍がたくさん巷に出回っていることからも、その重要性が伺えますね。

 

 

 

マーケティングオートメーション重視

マーケティングオートメーションは大量の見込み客に対して、ごく少数でも市場調査や販促を可能にしてくれるツールですが、その手段としてメールは大きいです。

なので、大勢に対して一括で、かつ高速でメール配信できたり、原稿作成の際に備えられているテンプレートが使いやすいなどの気の利いた機能があるとユーザーは助かりますね。

他にも、校正の候補やHTMLフォーマットでの配信が可能であったり、スパムにカテゴライズされないように配信してくれたり、送る時間帯を指定してターゲットがメールを読みやすい状況を作り出せたりするなどの、特定多数の見込み客に対して安全で効果的なメール配信を行うための機能が充実しているのが特徴です。

 

メール配信ソフトやシステムを使っていた、または近い操作感覚がある、同じ会社のマーケティングオートメーションツールがある、求める機能が多い、などの観点からいくつものマーケティングオートメーションツールを見ていくとき、こういった視点があってもいいと思います。

 

キャンペーンマネジメントシステムから

マーケティングオートメーションツールは導入・運用していくときに、どうしてもいろんな顧客を想定したシナリオが必要になってきます。

事例ごとにあるわけですから、種類も増えていくでしょう。

マーケティングオートメーションとシナリオ①

 

 

 

かつては、マーケティング担当者が、キャンペーンの設計や実施と、その後の効果分析を行うために使っていたツールがありました。

それがキャンペーンマネジメントシステムです。

こういったものに触れていた経験を持つマーケターなどは、このツールから発展してきた製品を選ぶと、なじみあるユーザインターフェイスだと感じるのではないでしょうか。

実際、キャンペーンマネジメントシステムの操作方法やユーザーインターフェイスは、多くのマーケティングオートメーションツールに影響を与えました。

 

コンテンツデータベースとの連携が強いのも特徴です。

 

コンテンツマネジメントシステム

 

ウェブサイトのコンテンツの構成する要素には、数多くの種類があります。

テキスト、イメージ、動画、レイアウトやデザインの配置を管理する情報などですね。これらを管理するのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

ここから派生したマーケティングオートメーションツールもあります。

なんといっても特筆すべきは、パーソナライズ機能が強いツールが多いということですね。

例えば一度閲覧してくれたサイト閲覧者が再訪したとします。

その時に、自動的にトップページを入れ替えて、前回閲覧された情報の関連ページを表示したり、前回閲覧しなかった続きのページを表示したりします。

これは一例ですが、要するに、個々のユーザーの閲覧行動に対して最適化してくれる機能のことです。

少人数で大勢に対して、きめ細かい対応を目指すのがマーケティングオートメーションツールですから、これはかなりその設計思想の本質を体現している機能だと言えますし、実際に効果も大きい機能です。

 

オンライン広告や、SNSとの連携が強く、多彩で強力なプロモーションが期待できるのも強みだと言えるでしょう。

 

こういったことも考慮して、マーケティングオートメーションツールを選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580