マーケティングオートメーションのメリットとデメリット

マーケティングオートメーションというツールは、日本での歴史はまだ浅いですが、徐々に理解されて浸透してきました。

ツールの種類も増え、機能や価格、その後のサポートなど、実に多様な様相を呈してきました。

もともと、BtoBビジネスでの活用が多く、複雑で巨大なマーケティング業務を要する企業から始まったムーブメントですが、機能や価格の面で様々な改訂がなされた結果、大企業から中小企業まで、導入の幅もどんどん増えてきています。

AI導入されれば、また次の変化が起こるでしょうし、スマホやSNSの存在感がさらに強くなれば、また新たなアイデアやサービスが生まれて、マーケティングオートメーションと言う概念はとってかわられるのかもしれません。しかし、いつでもいちばん重要なのは、導入してどんなメリットがあるか、どうすれば活用してメリットが出せるのか、そのために注意すべき点は何か?ということです。

それを踏まえてマーケティングオートメーションツールを選定し、活用するならミスはおこらなくて済むはずです。

そして、一時的なものであってはなりません。顧客への情報発信は継続しなくては意味がありませんが、それと同じように、マーケティングオートメーションも継続してはじめてデータが蓄積されて分析の精度があがるという一面があります。

 

では、注意点から見てみましょう。

マーケティングオートメーション活用前の注意点

自社の規模や社員数などをまず考えます。現在、マーケティングにどれほどの時間をさいているか。または、割いてないなら、どれほどのシフトチェンジができるか。

これを考えずに、高級なツールを導入しても、結局機能が使いこなせず、金額だけは高くついた、なんてことにもなりかねません。

無料体験期間があれば、そういったことも判断できますが、やはり前もってしっかりリサーチすべき問題です。

 

 

実際に「とりあえず導入した」、「しかしメール送信しか使わない」というケースも多々あります。

そうならないためのポイントは何でしょうか?

複雑な業務の効率化という側面をもつマーケティングオートメーションツール。

BtoBで高度な専門的マーケティングを効率化するわけですから、その要求をじゅうぶんに満たすような商品は、やはり高額でサポートがしっかりしています。

つまり小規模な会社、中小企業では難しい導入が予想されます。

ここでは、マーケティングや営業が、どのくらい、または、どのように機能しているのか、ということをよく考えましょう。

もうすでに、専門的なマーケティング部門を持っている企業であれば、高機能なツールを導入しても対応には手こずらないでしょう。

マーケティングオートメーションで失敗しないために

 

マーケティング担当社員がある程度の人数いる、そして、原題刊でいくつか施策をしており、それについての結果を今後どのように活かしていくか、などが整理されている、ぐらいが具体的な目安となるでしょう。

ひとつ気を付けなければいけないことは、マーケティングオートメーションというツールは、各社の思想が反映されているので、いろいろ機能があっても、重点を置かれている機能とそうでないものがあります。

そのマーケティングオートメーションツールはどんな企業に導入されていますか?

あなたの会社と同じような社員数であったり、同じような商品であったり、業態が似ていれば、親和性が高くなる確率が高いです。

 

マーケティングオートメーションの導入メリット

ではいよいよ、マーケティングオートメーションを導入するメリットについて、いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

業務の効率化

 

ネット社会において、見込み客の購買行動は、検索からスタートします。

きっかけから、商品の評価、または使い勝手のよさやアフターフォローまで、全てにわたって見込み客は検索することが可能です。

情報供給が過多になっている現在、見込み客へは常に情報発信し続けていないと、他社の商品やサービスに目移りされてしまいます。継続的に見込み客とコミュニケーションをとり、あなたの会社のファンになってもらわなくてはいけません。

そして、コミュニケーションですから、見込み客のニーズに合わせていかなくてはなりません。

どんな年齢層で、どんな商品に興味があるのか。

どんなメールを開封して、サイトに来ているのか。

逆のケースなら、どんな商品に興味がなくてメールを開封しないのか。

情報過多で個別で多様な対応が求められる原題のビジネスでは、これらひとりひとりに合わせた行動をとらないと、興味の対象から外されてしまいます。

しかし、これらを実際にやるのは大変な手間ですが、マーケティングオートメーションツールがあれば、解決します。顧客満足度アップのためにも、導入するべきでしょう。

継続的なマーケティング活動の中で、きっとあなたの会社に興味を持ち続けてくれるようになります。

一定の期間で情報発信してお客様の購買意欲を高めましょう。

ナーチャリングの効果と方法①

データの一括管理

営業やマーケティング活動を行っていくと、セミナーや展示会で入手した名刺などと、ネット上で獲得した新規の見込み客の管理が混ざってしまったりします。これはエクセルなどでは対応しきれない問題です。

データの管理から分析を行ったり、行動パターンについて分類することもマーケティングオートメーションでしかできません。

 

営業部門のサポート

データ分析ができてくると、見込み客の中から、購買意欲が高いであろう、という人を抽出していくことができます。それもその可能性が高い順に表示したりもできます。

ともなれば、営業担当者が訪問や商談するときに強力なサポートとなります。

クロージングに向けて後押しが可能な営業担当者ですが、むやみやたらに行ってもムダ足に終わることが多いです。その努力をもっと有効活用できれば、営業担当者の励みにもなりますし、売上が上がるのは全社員にとってもいいことです。

 

マーケティングオートメーションツールの個性を見極めて、しっかり活用すれば結果は必ず出ます。

====================

<<全機能使えて最安値!無料体験できる最強ツールのご案内>>

ファーストメーション株式会社

support@firstmation.com
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-27 桜橋千代田ビル7F
tel:06-6344-6580