集客におけるLINEの強み。LINE@導入で使える機能。

ウェブにおける集客活動で、メール配信を使っているのはほぼ100パーセントでしょう。しかし、SNSの普及は、例えば「炎上」というような状態を起こすようになり、ネット社会の中でも非常に力、存在感を増して社会を変容させていきました。

現在、消費行動の大半はネットで完結する、と言われています。それはどういうことかと言うと・・・

 

誰かが何かを欲しいと思った時、どの商品を購入するか、他社との性能や価格の比較検討はどうするか、といったことは、ほぼネット内で済まされている、という状態です。それらの作業が済んだあと、実際にお問い合わせフォームから連絡があったり、サイトに掲載されている電話番号に電話されたりという行動のフェーズが訪れます。

 

だからこそ、起点から大半まで行われるネット内での消費行動で他社に引けを取らないようにがんばらないといけません。

 

では、そのためにすべきことは何か?それこそが、利用者の多いSNSでの集客活動・活用です。

 

WEB集客で解決すべき課題

 

人手不足

やはり、どこもマンパワー不足にあえいでいます。メール業務はそれだけでも時間をとられますから、コンテンツにまで気を配れないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

対象が集まらない

商品のセミナーや展示会などをやってもなかなか人が来てくれない、または目標人数に達しない、という声もよく聞きます。対象には魅力をちゃんと伝えられているのでしょうか。その前に、対象者とのコミュニケーションが一方的なお知らせにとどまっていないでしょうか?

 

メールアドレスのハードルが高い

会っていきなり「住所は?」と聞くことはありません。警戒されるからですね。同じように「電話番号は?」と聞くのも警戒されるでしょう。メールアドレスは、住所よりはハードルが低いですが、LINEほど低くはありません。なので、メールアドレスを教えてもらえない時にそなえて、コミュニケーションの窓口としてLINEが用意されていると心理的抵抗感やハードルを下げることができます。

ブロックすればいい、という安心感があるからでしょう。

 

 

途中でやめられてしまう

集客したはいいものの、その後の過程がうまくいかずに囲い込めず、離脱されてしまう。これも上記と同じく、コミュニケーション不足、または情報発信が足りていないなどの問題があります。こうなるとなかなか成約率があがってきません。強いフォローができるように工夫する必要があります。

 

LINEを使うメリットとは

では、実際どういった情報発信やコミュニケーションがこれから必要になるのでしょうか。

この記事ではLINEをおすすめします。そのメリットをあげてみましょう。

 

所持アカウントの数

メールは個人と会社など複数持っている方が多いです。ということは、興味が薄い場合にあまり使わないメールアドレスを教えられたら、その時点で今後のコミュニケーションが築けなくなる可能性が大きいですね。

しかし、LINEのアカウントをたくさん持っている人って、メールアドレスに比べるとはるかに少ないです。ここにコミュニケーションのきっかけがあれば、お客様との距離が近づくことはまちがいありません。

 

メッセージの開封率

これもLINEが強いです。メールって迷惑メールに振り分けられてよまなかったり、自分が迷惑メールにいれて以降の配信は読まなかったりしますね。仕事でもメールが多い人は、下の方に流れて行ってしまうともうわからなくなってしまったりすることが多いでしょう。しかし、ラインは、スマホの画面でアイコンのすみっこに赤い数字で未読が何件あるかというのが表示されますね。これは、気になって開けてしまう人はかなり多いはずです。未読・既読が相手にわかるという機能があるのもその後押しになっているでしょう。

結果、メールよりもはるかに高い開封率となります。

 

文章作成の手間

メールはビジネスシーンで使われることが多く、LINEはプライベートな会話で使われることが多いです。もちろんビジネスでもLINE活用のシーンはどんどん増えてきていますが、最初はそうだった、というくらいの意味です。

 

ここで大事なのは、上記のそれぞれの特徴によって、文章作成の手間が変わってくると言うことです。時候の挨拶などを抜きにして、とまではいかなくとも、かなり単刀直入な文章であってもLINEなら違和感を感じにくいです。加えて画面のレイアウトやデザインから、「ビジネスにそぐわない文章」というよりは「フレンドリーな文章」と受け取られることが多いです。これは対象との心理的距離を縮めるとともに、文章作成の手間が大幅に減ることを意味します。

長文のメールは推敲も必要ですが、LINEならその手間が省けます。効率化にも貢献するでしょう。

 

対象の潜在的ニーズ

メールだと、返信がなくても送り続けるしかありません。しかし、LINEは、ブロックされてしまえば、もう興味がないんだということがわかります。これをもって、他の対象者に注力jすべきだ、という線引きが明快です。